波動領域は自由自在に変えていける。

軽い波動に共振して生きることも、重い波動に共振して生きることも、どちらも自由に選べて、自分の好きなように生きられる。

それがわかってくると、波動が軽いことも、波動が重いことも、どちらも楽しめるようになっていくんです。

 

だって、どちらを体験することも、

自分がそれを体験したいと思って、目の前に現れているから。

 

もし、軽い世界がいいのに、重い世界を見ているなら、自分の意識を軽い世界に向ければいいだけになりますし、

重い世界を選ばなければいい、行かなければいいだけになります。

どちらであったとしても、自分が意識的に選んでいることがわかっていけば、自然に自分の波動領域は変わっていくんです。

 

重いことに気がつくには?

 

1つ問題をあげるとするなら、

意識的に重い世界を選んでいると思っていないのに、重い世界の価値観や当たり前が染み付いて、

自分のやっている行動や、良かれと思って考えていることが、

実は重くなる原因になっている、ということに気が付けていないということです。

 

もともと重い世界を作り上げられ、

その仕組みの中に当てはめられている中で、重くなっている原因を見つけることは難しいと思います。

 

だって、

本当に自分の枠の外にある情報って、全く知らないことだったりするからです。

 

例えば、

人の目を気にすることが、自分を重くしていることが原因であれば、

原因がわかった瞬間に、目の前は変わります。

ハートがざわざわして、昇華できるタイミングを教えてくれるような反応を感じられます。

 

でも、

人の目を気にすることが重くなっている原因だと思ったのに、

目の前も、自分のハートの状態も変わっていなければ、

波動も思考も変わりません。

 

だから、結果的に、

今までと変わらない現実を作ることになるのです。

 

「人の目が気になる」

という原因ではないところに、本当の原因があります。

でもそれは、日常で当たり前にしていることだったり、

反射的にとっている行動だったりするので、気がつくことが難しいのです。

 

では、どうやって見つけ出すのか。

 

人それぞれ持っている原因は違います。

それは、生きてきたバックグラウンドが違うからです。

 

そんな中で見つけるには、

自分の波動領域を軽くすることで見つかります。

 

波動が軽くなると、

「あれ?なんでこんなことしているの?」

と、何気ないことに疑問を持つようになります。

 

その疑問が、自分の持っている重くなる原因を見つけるきっかけになったりするのです。

 

波動を軽くする。

 

では、波動を軽くするにはどうすればいいのか?

というと、エネルギーをチャージするという方法は、とても感覚的なことなのでここではお伝えできませんが、

それと同じようにエネルギーをチャージできる方法があります。

 

それが、「自分がご機嫌になれることをする」ということです。

 

好きな景色を見る。

楽しくなれる映像を見る。

夢中になれるものをやってみる。

人と笑い話をしてみる。

 

なんでもいいので、自分が楽しくなれるもの、ことをしてみてください。

 

すると、波動は軽くなっていきます。

そして、軽い状態だから、重い現実を作る原因を見つけ出すことができるのです。

 

重い状態でいくら原因を探しても、

見つかる原因は、自分を重くするものばかりです。

 

思考が重ければ、重いものを引き寄せます。

まさに、”思考が先、現実があと”なのです。

 

1つの物事も、

たくさんの視点から捉えることができます。

 

だから視点を増やせば増やすだけ、自分が納得できる視点が見つかるのです。

そして、自分以外の視点を尊重することができます。

 

「ああ、アナタはこう考えていたんですね」

と、自分以外の意見も、受け取ることができるようになります。

それを、自分の中で採用するかどうかは、また別の話です。

 

それを無意識的に受け取って、自分の現実に反映している間は、

いつまでも重たい世界から抜け出せないままになります。

 

もちろん、

重い波動を体験することも、この世界の1つの素晴らしい体験です。

 

だからこそ、どちらを体験したいのかをはっきりさせる必要があります。

はっきりさせないと、いつまで経っても重いままです。

 

まとめ

 

どんなに嘆いても、

自分で決める以外に軽い世界に行く方法はありません。

 

むしろ、自分以外の誰かに決められることの方が、面白くはないですよね。

 

自分の人生は自分で決まることができます。

誰といても、

どんな相手でも、

全く関係ありません。

 

自分以外はエキストラであり、

同意の元、自分の現実に登場してくれているだけなのです。

 

ということは、

出るも出ないも、自分が決めているということになります。

 

自由にいきましょう。

自分の思うままにいきましょう。

それで生きていても、生きれるんです。

 

関連記事

「出逢う人はエネルギー場で承認している!?」

「常識基準の判断を手放してみる。」

「罪悪感を感じることでわかること。」

「周りの目が気になるのはエネルギーが敏感だから。」

「軽い波動で生きる方法。」

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!