タイムラインを変えるには??

 

タイムラインを変えるには、思考を変えればいいのです。

自分が見た現実がイヤだと感じたら、思考を変えてみてください。

 

では、どうやって思考を変えるのか?ということですが、

自分の見た現実をたくさんの角度から考えてみてください。

 

例えば、遅刻をされたとしましょう。

ここで、アナタに「遅刻=ダメなこと」という価値観があれば、

「なんで遅刻するの?(怒る)」ということになります。

『怒る』というタイムラインを選択したので、そのあとも怒ったエネルギーのまま現実は進んでいきます。

心地いい空間ではないですよね。

 

でも、遅刻になんの価値観もない人は、遅刻されても特に何もなく「どこ行こうか~??」となるわけです。

 

そこの価値観の違いだけで、タイムラインが変わります。

 

 

じゃあ、どうしても遅刻が許せないのであれば、どうすればいいのか??

ということですが、素直に伝えてみてください。

怒るのではなく、なぜ遅刻がイヤなのかを相手に伝えてみてください。

 

 

「デートの予定を決めているから遅刻されるのがイヤだ。」

「予定通り物事を進めるのが好きで、それをアナタとやりたいから、遅刻して欲しくない。」

 

と、理由は何でもいいですが、

素直に相手に伝えてみてください。

そうすると、コミュニケーションが取れるようになります。

 

相手からも遅刻した理由が聞けますし、

お互いが納得した状態で次に進むことができるのです。

 

 

あくまで遅刻という例えを使いましたが、これをアナタの状態に当てはめてください。

 

 

相手の行動に対して何か感情が動くときは、そこにタネがあるからなのです。

そしてそのタネはアナタのタネです。

相手の行動や言葉は関係ありません。

 

 

そこに影響を受けてタイムラインを作っていくと、心地よくないものが生まれていきます。

 

アナタが心地よくない状態になると、その波動が周りにも伝わっていくので、

心地よくない現実を見ることになるのです。

 

 

タイムラインもアナタが作っています。

それを思い出してみてください。

 

はっきりそれが思い出せたら、

自分の思考で現実を変えられる確信を持つことができますよ。

 

関連記事

「すべては自分ということ。」 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー・ブロガー 波動と思考を物質次元でどう使えば楽しくなるのか? 感覚を使いこなせるにはどうすればいいのか? を、日々実験し・検証し、体験しています。