タイムラインを変えるためは思考を変えればいい理由。

 

タイムラインを変えるには、思考を変えればいいのです。

自分が見た現実がイヤだと感じたら、思考を変えてみてください。

 

では、どうやって思考を変えるのか?ということですが、

自分の見た現実をたくさんの角度から考えてみてください。

 

例えば、遅刻をされたとしましょう。

ここで、アナタに「遅刻=ダメなこと」という価値観があれば、

「なんで遅刻するの?(怒る)」ということになります。

『怒る』というタイムラインを選択したので、そのあとも怒ったエネルギーのまま現実は進んでいきます。

心地いい空間ではないですよね。

 

でも、遅刻になんの価値観もない人は、遅刻されても特に何もなく「どこ行こうか~??」となるわけです。

 

そこの価値観の違いだけで、タイムラインが変わります。

 

 

じゃあ、どうしても遅刻が許せないのであれば、どうすればいいのか??

ということですが、素直に伝えてみてください。

怒るのではなく、なぜ遅刻がイヤなのかを相手に伝えてみてください。

 

 

「デートの予定を決めているから遅刻されるのがイヤだ。」

「予定通り物事を進めるのが好きで、それをアナタとやりたいから、遅刻して欲しくない。」

 

と、理由は何でもいいですが、

素直に相手に伝えてみてください。

そうすると、コミュニケーションが取れるようになります。

 

相手からも遅刻した理由が聞けますし、

お互いが納得した状態で次に進むことができるのです。

 

 

あくまで遅刻という例えを使いましたが、これをアナタの状態に当てはめてください。

 

 

相手の行動に対して何か感情が動くときは、そこにタネがあるからなのです。

そしてそのタネはアナタのタネです。

相手の行動や言葉は関係ありません。

 

 

そこに影響を受けてタイムラインを作っていくと、心地よくないものが生まれていきます。

 

アナタが心地よくない状態になると、その波動が周りにも伝わっていくので、

心地よくない現実を見ることになるのです。

 

 

タイムラインもアナタが作っています。

それを思い出してみてください。

 

はっきりそれが思い出せたら、

自分の思考で現実を変えられる確信を持つことができますよ。

 

関連記事

「すべては自分ということ。」 

 

波動体験セミナー
【 軽い波動を共有するぞプロジェクト!】
〜人間関係・健康への活用編〜

■ 東京:6月15日(土)

■ 兵庫・夙川:6月22日(土)

■ 兵庫・夙川:7月13日(土)

詳しくはこちら


軽い視点が欲しいなら
今西に相談してみる

誰にも言えないこと、周りに相談できないこと、頭の中がぐっちゃぐちゃで一人では解決できないことがあるならこちら。



ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー ブログでは、軽く生きたいと思っている方に向けて書いています。僕も過去に現実が、重くて苦しくて、どうしようもない時期がありました。そんなときに、今までとは全く別の価値観や感覚を知ることができたのです。でも知ったからといって、急激に現実が変わるわけではなく、ちょっとずつ自分の中を整理していくことで、変わってきました。今でも新しい発見や、新しい視点、価値観、感覚を知ることができていますし、それが見つかるたびに楽しくなっていくのです。だから、同じように、重くて苦しくても、波動と思考を知れば、少しずつ自分で変えていけるんだということを伝えています。