どんな決め方をしても受け取るのは自分自身だから、自分の判断を信じればいい。

決めないということはできません。

決められない状態は、

「決められないということ」を決めていることになります。

だから、決めていないという状態は存在しないのです。

 

もし、何も決めることがなければ、エネルギーは流れません。

大げさに言えば、決めることを全てやめた瞬間(そんなことはできませんが・・・)、目の前はなくなるということになります。

 

自分で決めても、人に決めてもらっても、受け取るのは自分自身。

 

毎日ある生活の中で、

常に何かを選び、何かを体験しています。

 

そして、シンプルな話が、

選ぶときに自分がご機嫌なものを選べば、波動が軽くなって、軽い世界を体験しますし、

逆であれば、波動が重くなって、重い世界を体験できるのです。

 

どんな小さな選択肢でも、

軽い、重いは常に揺れています。

 

小さなことで軽くなることもあれば、

重くなることもあるというのは、そういうことなのです。

 

常に揺れているからこそ、

両方を体験することができるので、両方のうち、自分が体験したい方を選べるようになっていきます。

 

だからこそ、

自分で何を決めているのか。

自分のご機嫌を選べているのか。

今の自分はご機嫌なのか。

 

ということが大切なのです。

 

「常に揺れている。」

ということは、軽い世界にいても重くなることもあるのです。

 

でも、それ自体が自然なことだとわかれば、

自分で重くした瞬間の「出来事」を見つけることができます。

 

出来事を見つけられれば、

そこにあるエネルギーを昇華することもできますし、

その出来事を別の視点から見ることで、軽く考えられるようになっていきます。

 

それができることがわかると、

軽い世界にいることも、重い世界にいることも執着しません。

 

執着しないから、

軽くなることは簡単なのです。

 

自分以外の答えを受け入れたときは・・・

 

常に波動が動いていることがわかると、

どんな状態であっても安心することができます。

 

自分の本来の波動領域がわかっていれば、

いつでも戻ることができるからです。

 

ただ、戻ることができない場合もあります。

その一例として、自分以外の答えを受け入れた時です。

 

自分が決めて、自分で受け取った現実であれば、

引き寄せた因果関係をはっきりと思い出すことができるので、

(これも、マインドの記憶ではなく、ハートのイメージで思い出すことができます)

すぐに昇華する事も、ご機嫌に変えることもできますが、

自分以外の答えを受け入れた場合、それがわからなくなることがあります。

 

よくある、

「言った!」

「言ってない!」

と同じような、不確かな事実で頭の中が出来上がっている状態です。

 

無意識的に、自分以外の答えを選んで、

それを元に引き寄せていくと、引き寄せの因果関係が全くわからなくなっていきます。

 

原因がわからないから、

結果を変えることもできないのです。

 

だから、

もし、はっきりと自分の中にある原因がわからないときは、

自分の答え以外の感覚やエネルギーがないか?ということを感じてみてください。

 

これは、マインドでは探すことができません。

はっきり、自分の感覚にフォーカスしてみてください。

 

そのために、マインドを止めて瞑想状態を作る必要があるのです。

 

その状態で、自分の中から出てくるイメージを感じていると、

どこで何を受け入れたのか?ということがわかるようになります。

 

そのイメージがしっくりくれば、そのエネルギーを昇華することで原因を解消できるので、解消した後の現実が変わっていくことになります。

 

原因がイメージのところにあるのであれば、現実は変わりますし、

もし変わらなければ、別のところに原因があるのです。

 

考えないで、感じながら探してみてくださいね。

 

(昇華するについてはこちらの記事もどうぞ

「感情を感じきると昇華できる。」

 

嫌だったら、受け入れないということを決める。

 

自分以外の答えを受け入れるかどうかを意識するだけで、

自分の中が変わります。

 

自分がいいと思った価値観や考え方は受け入れて、

嫌だったら受け入れなければいいということがわかるからです。

 

「物事をジャッチしない。」

という言葉がありますが、

出来事自体にいいも悪いもありません。

 

どんな体験であっても、自分が同意しているから起こることなので、

「短期的に見て都合の悪いことでも、長期的に見たら必要なことだった・・・」

ということは起こり得ます。

 

それも、自分がどんな世界や状態で生きたいのか?

ということをオーダーしていれば、そのオーダーに必要な体験をすることができているはずなのです。

 

そういう意味で、物事をジャッジしないということは、そうだと言えるんですが、

物事、出来事が、自分にとって、ご機嫌ではないにも関わらず、

「ジャッジしてはいけない・・・」

なんて思う必要は、全くないということです。

 

そこも、決めるのは自分です。

受け入れるのは自分です。

 

「嫌だ」「ご機嫌じゃない」と思っているなら、やめればいいんです。

やらないということを決めればいいのです。

 

それは、物事に善悪をつけているのではなく、

自分が体験したいかどうかを決めているだけなのです。

 

我慢する必要も、

ご機嫌じゃないことをする必要も、

それを受け入れる必要もありません。

 

だからこそ、

自分で決めるということを決めてみてください。

 

小さなことから、

自分で決めることに慣れていってみてください。

 

そうすれば、自分がご機嫌な状態がどんな世界なのか?ということを体験することができますよ。

 

(ご機嫌についてはこちらの記事もどうぞ

「自分のご機嫌を意識して方向性を決めると軽くなる理由。」

 

波動体験セミナー
【 軽い波動を共有するぞプロジェクト!】
〜人間関係・健康への活用編〜

■ 東京:6月15日(土)

■ 兵庫・夙川:6月22日(土)

■ 兵庫・夙川:7月13日(土)

詳しくはこちら


軽い視点が欲しいなら
今西に相談してみる

誰にも言えないこと、周りに相談できないこと、頭の中がぐっちゃぐちゃで一人では解決できないことがあるならこちら。



ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー ブログでは、軽く生きたいと思っている方に向けて書いています。僕も過去に現実が、重くて苦しくて、どうしようもない時期がありました。そんなときに、今までとは全く別の価値観や感覚を知ることができたのです。でも知ったからといって、急激に現実が変わるわけではなく、ちょっとずつ自分の中を整理していくことで、変わってきました。今でも新しい発見や、新しい視点、価値観、感覚を知ることができていますし、それが見つかるたびに楽しくなっていくのです。だから、同じように、重くて苦しくても、波動と思考を知れば、少しずつ自分で変えていけるんだということを伝えています。