【ドイツ製の赤い椅子でタイムトラベル。3】自分を生きることは、自分の足で歩くこと。

 

「あれ?むしゃくしゃしている。」

返事が返ってこなくて困っている。

それをクライアントさんのせいにしてる。

 

「こういう流れで進めていこうと思います。なので、こういうコンテンツを作ってください」

それだけを伝えて、返事が返ってこないって思っている。

とあるオンラインの商品を作っているとき、

商品づくりはクライアントさんに任せっぱなしで、流れだけの説明をしていた。

 

それでは、何をすればいいかわからないから相手は困る。

それに一切気がついていない。

それではプロデュースできっこないのに、それで押し通そうとしている。笑

 

「逆に、それでよく仕事をしているよ当時の自分。」

 

僕がどうしていきたいのかもわかっていないのに、相手がわかるわけがない。

でも、僕もわかっていないから、ただただ時間が過ぎて行く。

もちろん、売上という結果も出てこない。

 

「どちらが主導権を握るのか?ということがはっきりしない状態で、どちらも受け身であると、物事が前に進まないことに気がつくことができれば、解決するのになあ・・」

 

そう思っていると、当時の僕が動いた。

「もういい!全部俺がやる!!」

「その開き直り、いいねえ。笑 お、市場調査を始めている。」

 

Yhaoo!知恵袋を見て、悩みのニーズを洗い出している。

そして、メッセージの送り方も変わり始めた。

 

クライアントさんが見てきた方がどんな悩みを持っているのか?と具体的に聴き始めている。

それをマインドマップにまとめて・・・どうするんだ?

お、それを元に商品の説明を始めている、相手の反応もいい。

これはきっと関係が変わる。

 

その後、商品が出来上がり、自分で主導権を握って物事を進める方法が身についたのは言うまでもない。

どうやって一緒に作り上げれば物事がスムーズになるのか。

何を明確にして、何を委ねればいいか。

それが体験としてわかる素晴らしい体験になった。

 

相手の仕事に首を突っ込まず、自分の仕事は100%任せてもらえる。

その自由な仕事のやり方は、今でも変わることはないけれど、

それを自分ではっきりと決めることができるのは、あの時の僕が、「全部自分で進める」と決めたから。

あの決断がなかったら、今の僕は、まだ「自分で生きる」ということができていなかったかもしれない。

よくあの決断を一人でして、それをやりきった。

 

続きはこちら

【ドイツ製の赤い椅子でタイムトラベル。4】見栄はウワベの人間関係を生み出す。

 

波動体験セミナー
【 軽い波動を共有するぞプロジェクト!】
〜人間関係・健康への活用編〜

■ 東京:6月15日(土)

■ 兵庫・夙川:6月22日(土)

■ 兵庫・夙川:7月13日(土)

詳しくはこちら


軽い視点が欲しいなら
今西に相談してみる

誰にも言えないこと、周りに相談できないこと、頭の中がぐっちゃぐちゃで一人では解決できないことがあるならこちら。



ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー ブログでは、軽く生きたいと思っている方に向けて書いています。僕も過去に現実が、重くて苦しくて、どうしようもない時期がありました。そんなときに、今までとは全く別の価値観や感覚を知ることができたのです。でも知ったからといって、急激に現実が変わるわけではなく、ちょっとずつ自分の中を整理していくことで、変わってきました。今でも新しい発見や、新しい視点、価値観、感覚を知ることができていますし、それが見つかるたびに楽しくなっていくのです。だから、同じように、重くて苦しくても、波動と思考を知れば、少しずつ自分で変えていけるんだということを伝えています。