無意識に考えてしまうときは・・・

 

無意識に考えてしまうときは、

そこに興味を持っているときなのです。

 

ご機嫌なことも、ご機嫌でないことも、

興味を持つと、そこにエネルギーが流れます。

 

エネルギーが流れるということは、

その現実とリンクするということになるのです。

 

 

リンクするということは、形が違えど

同じようなエネルギーの現実を体験することになります。

 

調和であれば、調和の世界を

対立であれば、対立の世界を

支配であれば、支配の世界を

見ることになります。

「外側にある景色は内側の反映。」

 

 

だからこそ、

どこに興味を持つか、

どこにフォーカスしているかということは

大切なのです。

 

 

それが無意識と呼ばれるものであっても、

自分の思考や意識が向いていれば、体験することができます。

 

軽い世界、

楽しい世界、

にフォーカスしてみる。

 

「ああしていこう!」

「こうしていこう!」

「あ~楽しい!」

と思えることを、考えてみる。

 

そうすると、自分が

「楽しい世界にいる」

と、思うことが自然になっていきます。

 

自然になっていくから、

楽しい世界を体験することができるのです。

 

 

考えていることも楽しい。

体験する現実も楽しい。

 

 

その世界を作ることはできます。

 

 

そして、

それを作るのは、自分の思考1つなのです。

フォーカスを向ける先1つなのです。

 

 

それを感じてみてください。

自分の思考を流している先がどこなのか??

 

 

思考の流している世界が、アナタの現実に現れます。

体験することができます。

 

楽しい現実を作るのもアナタですし、

楽しくない現実を作るのもアナタです。

 

 

見たいくないものが見えたら、

「見ちゃったから、この現実をやめま~す。」

と、深刻にならず、軽く受け取ってみてください。

(この記事も参考にしてみてくださいね

「自分に必要じゃないと思う現実を見たときは・・・」

 

そうやって、

自分の思考エネルギーの流す先を変えてみるのです。

 

 

自分の体験したいことにフォーカスし直してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー・ブロガー 波動と思考を物質次元でどう使えば楽しくなるのか? 感覚を使いこなせるにはどうすればいいのか? を、日々実験し・検証し、体験しています。