目に見えるものだけが真実だとしたら、説明できないことが増えるワケ。

「目に見えるものだけが真実・・・」

「目に見えないものは信じない・・・」

まずはその議論を、一旦脇に置いておいてください。

 

目に見えるものだけが真実ではありません。

それに、

目に見えないものの方が多いのです。

 

例えば、感情

感情は目には見えません。

でも、僕らは日常から感じています。

 

目には見えなけれど、感情がある事は信じていますよね???

 

空気中にがある事は知っています。

普段は見えません。

冷やされて雨となった時、初めてわかります。

でも、水が空気中に存在していることに疑いはありませんよね???

 

例をあげれば、沢山あります。

目には見えないけれど、「ある」とわかっているはずです。

 

 

では

なぜ、知っているのか??

それは教えてもらったからです。

 

「感情というのがあります。」

「それは、喜怒哀楽という表現をします。」

と、教えられているからです。

 

「空気中には水があって、雨となって降り注ぐ。」

それを教えられるからです。

 

教えてもらって、

自分で体験して、

「ああ、これが雨っていうんだ・・」と

実感します。

 

そして、

自分のホログラムに力を加えて、「それが当たり前」という状態を自分で作るのです。

 

ここで疑問を持てますか??

 

感情は、本当にあるのか??

空気中に水はあるのか??

 

持たないですよね??

当たり前すぎて。

 

これは、目に見えない存在や、波動にも同じことが言えるんです。

ただ、誰からも教えてもらってこなかっただけなのです。

 

もし、目に見えない存在が当たり前にいると、小学校の授業で習ったなら、

波動のことを小学校で習ったなら、

当たり前になっているはずです。

 

感情や、空気中に水がある事は、

目に見えない存在がいることや、波動のことと、なんら区別はありません。

 

怪しいかどうかというのは、

あくまで教えられてきた小さな常識の中での判断でしかないのです。

 

それを思い出してください。

 

「怪しい」「そんなうまい話はない・・・」

そこに真実が隠されています。

真実に真正面から向き合った時、人は「怪しい」と言います。

 

怪しいと判断していては、何も変わりません。

そこを抜け出してみてくださいね。

 

関連記事

「図星を突かれた時に対処法。」

「感情の表現は体から感じられるから、身体の反応は大切です。」

「固定概念を手放すには??」

「思考を変えれば現実は変わる。」

「誰かと比べて「軽い」と思っている間は「重い」んです。」

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!