マイナス思考とポジティブ思考って波動に関係ある理由。

さて、マイナス思考とポジティブ思考って波動に関係あるのか??ということですが・・・。

波動エネルギーを動かすのが思考エネルギーなので、関係はあります。

 

ただ、気をつけておかないといけないのは、

無理やりポジティブに考える必要はないということです。

 

マイナスだからダメで、

ポジティブだからいいというわけではありません。

 

むしろ、

なんでもかんでも、ポジティブ思考で考えなければいけないと思ってしまうと、

逆に重いエネルギーになってしまいます。

 

人間、当たり前のようにマイナス思考もポジティブ思考も持っています。

それを力ずくで変えようとしても、ただ疲れてしまうだけになってしまいます。

 

だから、

どちらの思考が出てきても、アナタの思考なのだということは忘れないでくださいね。

 

アナタの思考が、現実を作っています。

マイナス思考でも、ポジティブ思考でもない、ノーマル思考な状態。

それが、アナタのもっともストレスのない状態です。

 

実はテンションがあがって、

「楽しいぜ~~~!!」っていう状態もストレス状態なのです。

この状態では、疲れてしまいます。

これは、非日常を経験するときによくなるパターンです。

 

それは、果たして本当に心地のいい状態なのか???

ということです。

 

「疲れない」

これが重要なのです。

 

疲れているということは、

アナタが緊張している状態だということです。

 

すべては体が教えてくれます。

 

だから、

マイナス思考でもポジティブ思考でも、どちらが「良い・悪い」ではないということは、ご理解していただけたのではないでしょうか?

 

その中で、

アナタがストレスのない状態にするために、どう思考していくのか

ということが重要です。

 

もし、

「よくマイナス思考になる」と思っているのであれば、

どうしてマイナスのことを考えているのか??

を考えてみてください。

 

将来への不安なのか。

何かが怖いのか。

どうしたいのか?

 

考えてみてください。

 

もし、よくポジティブに考えられるのであれば、

それはアナタが自然に出来ていることなのか??

を考えてみてください。

 

明るくしないといけないと思っているのか。

キャラを壊したくないのか。

何かを隠しているのか。

 

考えてみてください。

 

どちらにも言えることですが、

素直に考えてみてくださいね。

 

抵抗すると、より気持ち悪くなっていきます。

 

素直に認めて、手放してください。

 

そうすれば、心地良くなるはずです。

無理をしていては、自分を保てません~!

⇒波動をマスターするプログラムはこちら

 

関連記事

「軽く楽しむと本音で進むことができるから、具現化するスピードは早くなる。」

「体の反応を感じると自分の本音を見つけることができる具体例。」

「感情のエネルギーに飲まれることなく手放す方法。」

「楽しく生きるために執着を手放す。」

「波動を軽くするには、軽い波動に共振すればいいだけ。」

 

開催情報in東京

7月20日(土)

軽い波動の体験交流会
13:30〜15:30
参加費:3,240円
JR東京駅周辺にて

詳しくはこちら

 

波動エネルギーの感覚レクチャー会
(1)17:00〜18:00
(2)19:00〜20:00
各回2名さまずつ
参加費:10,000円
地下鉄 東銀座駅周辺にて

詳しくはこちら




【無料】99%の人が知らない
「この世界の真実」を伝えていく音声講座

”軽く生きたい”と思っている方は、ぜひ聴いてみてください。
僕が思っている真実を、オフレコなしで話しました。
とてもリアルなお話ですよ〜!








週末配信
僕が見つけた”軽くなる発見”をお伝えする無料メルマガ

この一週間で感じたこと、わかったこと、気がついたこと。
それらを「ここだけの話」としてお伝えしていくのが、このメルマガです。




ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー ブログでは、軽く生きたいと思っている方に向けて書いています。僕も過去に現実が、重くて苦しくて、どうしようもない時期がありました。そんなときに、今までとは全く別の価値観や感覚を知ることができたのです。でも知ったからといって、急激に現実が変わるわけではなく、ちょっとずつ自分の中を整理していくことで、変わってきました。今でも新しい発見や、新しい視点、価値観、感覚を知ることができていますし、それが見つかるたびに楽しくなっていくのです。だから、同じように、重くて苦しくても、波動と思考を知れば、少しずつ自分で変えていけるんだということを伝えています。