軽く楽しむと具現化する。

 

波動が軽くなってくると、

どんどん進むスピードは結果的に速くなっていきます。

 

こうしてみようと思ってやったら、

もうすでに次のアイディアが出てきてそれをしている・・・

ということが起こってきます。

 

逆に、

こうしようかな・・・

と思ってやってみて、違うと感じれば

すぐにやめることもあるのです。

 

1つのことをじっくりやり抜くことも素晴らしいですが、

それだけが、

素晴らしいのではありません。

次から次にやることが飽きっぽいということでもありません。

 

それも人の個性によって違うのです。

どちらが自分に合うのか??

ということだけなのです。

 

じっくり何かをやる人もいれば、

いろんなことを進められる人もいる。

ただそれだけです。

 

自分に合う状態を知ってみる。

知るためには、自分のことを見る必要があります。

 

何が向いているのか。

どんな状態が向いているのか。

どう進むのが楽しいのか。

 

それをアナタが感じたままに進めてみてください。

誰かと比べる必要はありません。

 

進むスピードが速いことが素晴らしいことではないのです。

ただ、軽くなると

深刻に悩む時間がなくなるので、速く見えます。

気がつくと速くなっています。

 

だからといって、

速さを求める必要はありません。

 

ゆっくり、小さくでいいのです。

自分の進む方向性を持っていれば、

あきらめなければ

そこにたどり着くことができます。

 

それを忘れないでください。

 

 

タネを植えて、花が育つまでに

わざわざ土を掘り返して

「育っているかな??」

と、タネを確認することはありませんよね??

 

タネを植えたら、あとは楽しく待つだけです。

周りの人の植えたタネが気になることはあるかもしれません。

 

でも、いくら気にしたからといって、

自分の花が咲くわけではありませんよね??

 

それと同じなのです。

 

 

タネを植えて、水をあげたり、待つことを楽しんでいれば、

ほかの事に興味が沸いて、それを楽しんでいれば、

花は咲いています。

 

それも立派な具現化なのです。

 

待つことも、

進むことも、

深刻になることなく楽しんでみてくださいね。

 

関連記事

「ご機嫌なリズムを見つける。」