【実例】カラスを簡単に撃退する方法。

カラスを”撃退する”簡単な方法があります。

これは実際に僕がやった方法です。

 

新しい家に引っ越しました。

すると目の前にカラスの巣があったのです。

それ自体珍しいなと思っていたのですが、隣の家とのついたての下を見てびっくり。

 

糞がたくさん落ちていたのです。

 

「いや~~な予感・・・」

 

昼ごろ、引越しの最中についたてを見ると、カラスがいるではありませんか。

しかも、右のついたてにも、左のついたてにも。

 

「洗濯物干すときどうしようかな・・・」

 

そこで、思いついたのです。

「そういえば、動物に挨拶するといいって書いてあったな・・・。それをやってみよう。」

 

「よっ!」

と、声をかけてみました。

 

「僕はアナタの敵ではありませんよ~~!ご機嫌いかがですか~~」って。

 

何分かして、

ついたてにいたカラスは2羽とも飛び立っていきました。

 

そして、

そこから二度と、ついたてにカラスが止まったことはありません。

 

洗濯物も簡単に干せるようになりました。

 

 

やっぱり効果がある、と思ったのと同時に、

仲間と認識してくれた嬉しさもありました。

 

でも、考えてみたらそうですよね。

自分に置き換えてみてください。

 

「撃退するぞーーー!!」

って、来られたら嫌ですし、

むしろ「は??やれるもんならやってみろ!!」ってなります。

 

それって、人間だけじゃないと思うんですよね。

動物も人間と同じだと思うのです。

当たり前ですが。

 

同じ動物ですし、人間がこの世界のトップではない。

 

「撃退」って、そんなことしなくてもいいんじゃないかって思いました。

 

最初は怖いかもしれませんが、仲良くなってみてください。

 

仲間だって認識したら、何もしてきません。

糞もしません。

 

人間も、仲間の家で糞はしませんよね。笑

 

人間だけが、僕らの持っている感覚があるわけではないのですから。

カラスだって、感情などの感覚はあるのです。

 

そして、

これは、あくまで感覚ですが。

後日、朝ベランダにいると、「カー」と呼ばれました。

振り向いてみると、カラスがこっちをむいて挨拶してくれました。

 

いろんな動物と話せるとおもしろいですよ~~!

 

関連記事

「すべての存在に感謝すると、思い出す情報が変わる。」

「感謝と尊重という軽いエネルギーは、虫に対する態度を変えれば本当の意味を理解できる。」

「目に見えない存在はいます。それはごく自然なことです。」

「超感覚はSF映画にしかない感覚ではなく生きるためのツールの1つ。」

「人間関係は出す波動を変えれば自然に変わる。」

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!