感覚がわからないと感じているなら、考えること自体をやめてみる。

 

感覚を知るには、マインドを止める必要があります。

マインドが「わからない」と騒いでいる間は、知ることが出来ないのです。

 

 

「わからない」という言葉は、自分の思考を思考停止に導きます。

だから、わからないという言葉が出てきたら、

いったん思考を止めてみてください。

 

そして、

わからないという気持ちがなくなってから、自分の体験を振り返ってみてください。

 

すると、いろんな違いに気がつけると思います。

 

同じような体験だと思っていたことに、違いを感じることが出来ます。

その違いを自分の中で認識すると、感覚を掴むことが出来るのです。

 

 

ここで大切なのは、

誰かに答えを求めないということです。

 

自分の感覚が合っているか??ということを知るには、自分で確かめるしかありません。

「楽しく感じた。」

「心地悪く感じた。」

 

どんな表現でも構いません。

自分のすっきりする言葉で、今の状態を表現してみてください。

 

その言葉は、時と場合によって違うと思います。

 

その小さな違いを発見してみてください。

 

「心地いい・・けど、ん??」

と思ったら、「ん?」と思ったところを感じてみてください。

 

どこに対して「ん?」と思ったのか、それを探してみてください。

探せば、これかも??という答えが出てきます。

 

そして「これが違和感なんだ・・」と思ったら、

その違和感を感じてみてください。

そのときの反応や感覚を感じてみてください。

 

 

そうやって、

1つの物事を多角的な角度で観察してみると、いろんなことに気がつけます。

その気づきが、感覚を確信に変えていってくれるのです。

 

 

「わからない」という言葉を捨ててみてください。

言いかけたら、キャンセルしてみてください。

たくさん思考していると、わからなくなっていきます。

 

 

そんなときは、マインドを止めるためにも休んでください。

休むことは、ダメなことではありません。

 

むしろ、思考をすっきりさせるために必要なのです。

 

すっきりしていない思考で考えても、答えは見つかりません。

だから、「わからない」という言葉が出てきたら、

思考しすぎているということのサインです。

 

そんなときは、思う存分休んでみてくださいね。

 

関連記事

「マインドを止める方法。」 

「自分をエネルギーで満たすことが先決なワケ。」

 

今西のLINE公式アカウント

気が向いたときに、気づきや発見を送っています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!

無料登録はこちら