情報を知って選択肢を広げる。

 

情報を知っているか、知らないか。

それだけで多くのことが変わってきます。

 

なぜなら、情報を知っているとたくさんの選択肢が生まれるからです。

 

いろんな角度からの情報を知っているだけで、自分の選ぶ道が変わります。

でも、知らなければ、今までの道を変える選択肢を持てないのです。

 

 

もちろん、今の状態に心から満足し、楽しめているのであれば、それで十分だと思います。

 

でも、もしそうでないのであれば、いろんな角度からの情報を仕入れてみてください。

 

情報を仕入れるためのきっかけは、

日常で当たり前だと言われていることに疑問を持つことです。

そこが始まりです。

 

「やって当たり前。」

「できて当たり前。」

 

本当にそうでしょうか??

 

「こうしなければいけない。」

「こうあるべきだ。」

 

本当にそうでしょうか??

 

 

自分の思う疑問を調べてみてください。

そうすれば、情報が出てきます。

 

情報が出てきたら、

調べた情報の中で、自分が腑に落ちる情報を自分の日常で使ってみてください。

情報を使うというのは、思考してみるということです。

 

そうしていくと、

「こうあるべきだ!」と言われても、今までみたいに受け入れない(受け取っても)選択ができるようになります。

「自分はそれは違うと思う。」

と感じるのであれば、

「アナタはそう思うのですね、でも、私はこう思います。」

と、思考することができます。

 

そうすると、

相手の意見を尊重した上で、自分の思考(信じていること)を尊重することができるのです。

 

 

もし、相手の当たり前だという意見をそのまま鵜呑みにして、

自分の違和感に対する情報がなかったら、自信がなかったら、

無条件に受け入れるしかなくなります。

 

でも、情報を知っているから、自分の感覚を尊重できるのです。

 

 

自分の感覚を尊重でき始めると、相手の感覚も尊重することができます。

相手の感覚を尊重していると、相手の感覚を知ることもできるので、

また1つ情報を知る機会が増えていくのです。

 

 

知ったら全てを受け入れなければいけなのではなく、

知った上で、自分に合うものを選び、自分が信じたものを使ってみて、自分のものになっていく・・・

そうして、選択肢をどんどん広げてみてくださいね。

 

関連記事

「軽い世界の”楽しむ”という意味。」

「すべての個性に感謝尊重の気持ちを持つ。」 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です