「自由への介入」についての具体的な事例。

”自由への介入”というのは、本来、誰も出来ません。

すべての存在が、自由というものを持っています。

 

どんな経験をしても、

どんなことをしても

いいのです。

すべてが素晴らしい経験です。

 

ただ、

そこに相手への感謝と尊敬があるような、愛を元にした自由は、軽いものになりますが、

妬み・エゴ・期待などを元にした自由は、重いものになります。

 

では、

”自由への介入”とはどういったことか。

 

自分以外の存在に、「ああしたほうがいい」「こうしたほうがいい」ということが、”自由への介入”になります。

 

「アナタはこうだから、こうすべきです。」

それこそが、”自由への介入”になります。

 

小さいことでは、

「これを食べたい!」

「そんな体に悪いもの食べてはいけません」

これも介入になりますし、

 

「この髪型かっこいい!」

「そんな髪型やめて、もっときれい髪型にしなさい」

これも介入です。

 

つまり、

「相手がこうしたい!」

「こうするんだ!」

ということに対して、アナタがそれを良しとしない、もしくは、止めてしまう。

これが”自由への介入”になるのです。

 

”自由への介入”とアドバイスの違いは、相手のことを尊重しているかどうかです。

相手のことを尊重していれば、止めるということはなくなります。

 

例えば、

体に悪い食べ物を持ってきて「食べたい」と言う。

体に悪いから食べて欲しくないという情報は伝えられますが、食べるかどうかは本人次第なのです。

それを、本人の意思なく取り上げることは介入になります。

 

もし、それを食べて体調が悪くなれば、それは本人が望んだ現実なのです。

それは、家族だろうが、友人だろうが関係ないのです。

 

そして、

アナタが”自由への介入”をしていると、

アナタ自身も”自由への介入”を受けることになります。

 

アナタがしたこと、出したことはアナタにすべて返ってきます。

だから、アナタも介入されるのです。

 

 

すべての人は、自分の人生を自分で作ることが出来ます。

それは子どもでも大人でも関係ありません。

 

アナタが、「子どもだから介入してもいいんだ」と思っていては、

アナタもずっと、誰かから介入され続けることになります。

 

介入され続けると、

アナタが実現したい世界や、実現したいことも介入を受けていきます。

だから、思考が現実化するスピードが遅くなってしまうのです。

 

それが嫌ならば、

まずアナタが周りに介入するのをやめてみてください。

尊重して、行動を見守ってみてください。

 

そうすれば、アナタが何かしたいと思ったとき、それを実現するスピードは上がっていきます。

 

小さなことから始めてみて下さい。

そうすれば、”自由への介入”がどういうものなのか感覚でわかっていくはずです。

⇒波動をマスターするプログラムはこちら

 

関連記事

「わからないから面白い。すべてわかってしまったら何も楽しくない。」

「思考の現実化の正体は、出したものがそのまま返ってくるということ。」

「答えを決めてもらうことは依存になるけど、答えを聞くだけだったら依存ではない理由。」

「思考が変わるから行動が変わる。その結果、体験する現実は変わる。」

「食べ物自体が波動に与える影響は関係ないと言える理由。」

 

今西のLINE公式アカウント

気が向いたときに、気づきや発見を送っています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!

無料登録はこちら