自分の内側が現在の現実。

 

現実が気に入らなければ、まずは自分の中にベクトルを向けてください。

そこに原因があります。

 

原因は外にないのです。

これまでは外にあると思わされてきました。

 

 

だから、

「今、自分の目の前に起こっている現実をどうすれば変えられるか??」

にフォーカスしていたのです。

 

 

でも、アナタに起こっている現実そのものは、変えられません。

起こってしまったことは変えられません。

 

 

それを思い出してください。

 

 

現実を変えるのではなく、

自分の中を変えてみてください

 

 

自分の気持ち、感情・物事の捉え方を変えてみてください。

 

そうすれば、現実は変わっていきます。

 

 

起こった出来事の見る側面を変えるだけでいいのです。

何も難しいことはありません。

 

 

Aという方向から見るのをやめて、

Bという方向から見てみてください。

 

 

それは、

Aさんの目に付く部分から、

Aさんのいいところを見る。

ということなのです。

 

 

もちろん、

個性が違うので、合わないこともあります。

でも、相手の嫌な部分が見えている(そう感じる)ときは、

それを通じて、自分の中を見ているということなのです。

(こちらの記事もぜひ読んでみてくださいね

「すべては自分ということ。」

 

 

ということは、

「相手が悪い!」のではなく、その現実を創った自分に原因があります。

そして、その現実を見るということは、素晴らしいことなのです。

 

なぜなら、自分の中の「タネ」

つまり、自分の視点の制限を取るチャンスなのですから。

 

 

制限が取れれば、

アナタはもっと自由になれます。

 

軽くなっていきます。

 

 

制限は自分で創り出しているのです。

だからこそ、それを取るのも自分なのです。

 

 

自分の内側に目を向けると、

何かにイライラして相手にぶつけることがなくなります。

 

 

それは、イライラしている原因が、自分の中だと知っているからです。

「疲れている」

「話しかけないで欲しい」

「集中している」

いろんな理由があってイライラしているのです。

 

 

そして、そのイライラがそのあとの現実を創っていきます。

 

”思考が先、現実があと”

 

 

アナタの中の思考が、今の現実を創っているんだ。

ということを思い出してください。

 

 

それが腑に落ちると、

どんどん自由になっていきます。

 

 

鎖が取れていきます。

見てみぬふりをしないで、自分の中を見てみてくださいね。

(自分の中を見るときに、こちらの記事も参考にしてみてくださいね

「波動を整える方法。」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です