イヤなことをご機嫌に変える方法。

 

自分がどこにエネルギーを流しているのか??

ということをはっきり認識すると、今見ている現実がどこから流れてきたのかがわかります。

 

エネルギーを流しているというのは、

そこに思考を流しているとも言えます。

 

だから、

普段どんなことを考えているのか。

どんなことに興味を持っているのか。

 

それを自分で知ることが大切なのです。

 

アナタ自身が、アナタ自身の考えていることを知り、

それを自分のご機嫌なところに変えることができれば、

ご機嫌な世界を見ることができます。

 

でも、

「イヤだなあ・・・」

「見たくないなあ・・・」

と思いながらも、イヤなことを見ていると、

その現実を体験することになるのです。

 

イヤなら見なければいいのです。笑

もし見たいなら、気持ちよく見ればいいのです。

 

「これを見る!」

と、自分の中で決めれば、そちらに現実が動いていきます。

そこにエネルギーが流れるからです。

 

とてもシンプルなのです。

 

自分が見ていて気持ちよくないことなら

見なければいいですが、

どうしても興味が湧いて見てしまう・・・

 

それなら、

ご機嫌で見れる視点を探してみてください。

 

「こんな現実を見ていて・・・どうすれば・・・」

と、深刻になる前に、

深刻にならない視点を探してみてください。

 

「ここから見る景色はご機嫌に捉えることができる」

とわかれば、

イヤだと思っている出来事に飲まれなくなっていきます。

 

出来事に飲まれなくなると、

感情が動くことがありません。

 

感情は、

思考以上に現実を引き寄せるエネルギーが強いのです。

だから、感情に飲まれなくなると、

体験したくない現実を体験することが減っていきます。

 

イヤだイヤだと思っている間は、

そこに興味がある状態です。

 

興味があるということは、

その現実を見るということでもあります。

 

 

同じ興味を持つなら、

興味の持ち方を変えてみる。

 

イヤだと思うのではなく、

楽しい視点を感じてみる。

 

「どうせ興味を持っちゃうんだったら、この視点が一番ご機嫌かな♪」

と思える視点を探してみてください。

 

それが見つかると、見え方はガラッと変わります。

 

ぜひ、イヤだと思う現実があれば、

視点をご機嫌になれるものに変えてみてくださいね。

 

関連記事

「感情のエネルギーは波動を動かしやすい。」

「自分のご機嫌が世界を救う!?」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です