無理・不可能はできるようになるから浮かんでいるイメージ。

 

どんなに不可能に見えても、

どんなにできないように感じても、

自分が目の前にしていることは、突破することができます。

 

もし、本当にできない状態なのであれば、

その現実を体験することはないからです。

 

できないことは受け入れることもありません。

 

例えば、

家賃8万円の家に住んだことがあれば、8万円を出すことはできます。

家賃180万円の家に住んだことがあれば、180万円を出すこともできます。

 

でも、180万円のイメージがなく、

住みたいと思うこともなければ、「無理」だと思わないはずです。

 

仮に見たとしても

「ふーん」と無関心で終わるでしょうし、

どんな家なのか?ということをイメージすることもないのです。

 

ということは、

「無理」だと思っているということは、できる射程範囲にギリギリかかっていると言えます。

 

無理する必要はないけど、無理だと諦める必要もない。

 

無理に自分の射程範囲を超えることをすれば、

無理をすることになるので、不安が出てきます。

 

だから、無理に何かをする必要はありません。

でも、無理だからと諦めていては、いつまでも射程範囲が広がることもないのです。

 

射程範囲が広がらないということは、

「できない」状態から「できる」状態にシフトすることもありません。

 

ということは、

自分の頭の中に浮かぶ出来事は、「できること」にならないので、

いつまでもできない現実を引き寄せ続けることになります。

 

無理だと思っている時点で、

それは自分の「できる」きっかけだということに気が付いてみてください。

すると、案外自分にとって「できる」ことは増えていくと思います。

 

それは、頭の中で浮かんでいる「無理」を「できる」に変えていくことで増えていくからです。

 

全部できること、だから、自分の興味があるものを選べばいい。

 

「できること」「できないこと」

それらどちらも、イメージできることなのであれば、どちらもできることなのです。

 

だからこそ、

選ぶときに自分の好きなこと、ご機嫌なことが大切になっていきます。

 

どんな選択肢を選んでも、

どんなイメージを膨らませても、

なんでもいいのです。

 

自分が「これだ!」

と思ったもの、それでいいのです。

 

答えがないというのは、そういう意味なのです。

 

答えがないからといって、「決めない」ということではありません。

どの答えも、自分がご機嫌で楽しいと思うことであれば、それが正解であり、真実なのです。

 

それを自分で決めることができる。

その自由を感じることができれば、自然に心は軽くなっていきます。

 

そして、

「できない」と、反射的に思うことも減っていくので、

イメージできたことはできるようになっていきます。

 

興味があるならやればいい。

 

自分の興味が湧いたものは、

どんな理由であっても気軽にやればいいと思います。

 

「できるかどうか」「できないかどうか」は、やってみないとわかりません。

 

やったことがないのに、

それが自分に合うかどうかもわかりません。

 

イメージはあくまでイメージだということです。

 

180万円の家賃の家をイメージすることはできても、

それを実際に内見してみて初めてどんな家なのかわかります。

 

インターネットで間取りを見ても、

映像を見ても、写真を見ても、

実際に自分の肉眼で、身体で空気を感じてみないことには、合うかどうかわからないのです。

 

これらは、波動を感じていることになります。

映像や写真では、リアル感が湧いてこないというのは、

そこにある波動エネルギーを感じられないから、そういう感覚になります。

 

そして、8万円の家賃の家と、

180万円の家賃の家を、どちらも感じることができるから、

自分に合う方をはっきりと決めることができるので、そこに住むための方法を見つけ出すことができます。

 

これは、波動も全く同じです。

 

「180万円の家が良くて、8万円の家がダメ・・・」

そんなことはありません。

 

これが、

軽い波動が良くて、重い波動がダメだというわけではなく、

ただ、自分のご機嫌はどちらなのか?ということだけに過ぎないということです。

 

そして、

軽い波動で生きたいのに、そのエネルギーを知らないということは、

軽い波動で生きることはできないし、軽い波動で生きる方法も見えてきません。

 

全て「できる」ように作られている。

 

どんな現実も自分で作っています。

自分で作り、自分で突破することを楽しんでいるのです。

 

だからこそ、

どんな状態であっても「できる道」は必ずあります。

 

必ずあると思って探していけば、

ふとしたときに「あ」と気がつけるようになるのです。

 

そして、突破のために必要なツールや情報、ノウハウはすでに持っています。

それをどう組み合わせて、どう使っていけばできるようになるのか。

それを考えて遊んでみてください。

 

押してダメだったから引いてみる。

右に進んだから、左にしてみる。

そうやって、色々工夫することを楽しめるようになれば、できるようになっていきます。

 

無理だと思うことを、できることに変えて考えるだけでも、

足元にある解決策を見つけるひらめきを感じられるようになっていきますよ。

 

関連記事

「好きなことを具体的にするから現実化する。」

「失敗したらどうしようと思った時に・・・」

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!