常識基準の判断を手放してみる。

 

常識という基準は、いつの時代も同じということはありません。

 

常識は、時代によって変わるのです。

時代によって変わるということは、本質的なことではないということなのです。

 

もし、常識という判断材料がなくなったら・・・

すごく楽になりますよね。

 

 

本日のチャネリングメッセージです。

 

この世界に、いい・悪いという区別は本来ありません。

つまり、見ている現実事態を判断しているのは、自分だということです。

 

そして、

その判断材料となるのが、物の見方や価値観です。

 

物の見方や価値観が、

自分のハートから感じるものであるか、

作られた常識や倫理観なのか、

その違いによって、体験する現実が変わる・・・

 

それだけなのです。

 

だから、物の見方、価値観が変われば、

現実自体の意味が変わってきます。

 

「意味が変わる」

「感じ方が変わる」ということは、

自分の体験したいと思う現実も変わるのです。

 

これが、

”見える現実を変えられる”とお伝えしている理由になります。

 

そして、

いいも悪いもないということなのです。

 

どんな現実も視点を変えれば、軽くも重くもなります。

 

それがわかれば、自分で「どちらの現実を体験したいのか」

ということから選べばいいということになるのです。

 

今までは、常識などがあったので、

「それが正しい」

「それが以外は間違っている」

という価値観を採用していたので、

目の前の現実を1つのフィルターを通してしか見ることができませんでした。

 

でも、それが揺らぎ始めています。

 

揺らいでいるから怖いのではなく、

揺らぐくらい変わってきているのです。

 

そして、その変化が、

今まで感じたことのなかった人にまで影響が出てきています。

 

だから、

どこに向いて進めばいいかわからなくなっているのです。

 

 

自分の行きたい方向性を決めてみてください。

最初にお伝えしましたが、それにいいこと・悪いことという判断は必要ありません。

 

「自分はこうして生きたい。」

という方向性を明確に決めることが大切です。

 

人と同じである必要もありませんし、

議論する必要もありません。

 

自分が進みたいと思う道を、

すべての人が選ぶことができれば、

それがどの世界であっても、楽しむことができます。

 

今までのように、

弱肉強食の世界、対立や支配の世界を体験したいと思うのであれば、

その世界を楽しむことができます。

 

今とは違い、

調和の世界、感謝と尊重がある世界を体験したいと思えば、

その世界を楽しめるのです。

 

だから、

どっちの世界が素晴らしいという議論はまったくのナンセンスなのです。

 

また、自分以外の人を、無理に連れて行くこともできません。

自分が誰かに連れて行かれるようなこともないのです。

(その理由はこちら

「他人の人生には介入できない。」

 

自分の足で、自力で、選ぶことが大切です。

 

いい・悪いの判断をしている間は、

対立のエネルギーに共振することになるので、そこから抜け出せなくなります。

 

だから、

自分が「これ」だと思う生き方を選ぶだけで、十分なのです。

 

 

まとめ

 

軽く楽しい世界にいると、

どんな視点も楽しめるようになっていきます。

 

仮に、重い波動に共振しても、

「あ、こういう重たい感覚を持っているんだ・・・おもしろい。笑」

と、面白くなるんです。笑

 

だから、すごーい軽い波動も楽しい経験になりますし、

すごーい重い波動も楽しい経験になります。

 

もちろん、そのうえで、

「(自分が)必要ない。」

「体験したくない。」

と思ったものは、さっさと手放して、

自分の体験したい波動領域に戻します。

 

そうやって、

波動領域を変えることは簡単なのです。

 

重くもなるし、

軽くもなります。

 

どちらも知ったうえで、

どちらを選ぶのかは自由です。

 

ただ、今までの社会が、重い波動ありきの世界だったので、

同じ物質次元を生きるんだったら、

軽い波動を体験して、

そのうえで、「どちらで生きたいのか?」を選べばいいと思うのです。

 

それ自体も、

僕が思っていることであって、体験したいかどうかすら自由です。

 

ということは、

自分のことを自分でする他ありません。

 

こうやって、情報としてお伝えすることはできますが、

その情報をどうするのか。

使うのか、使わないのか・・・

それも自由だということなのです。

 

もちろん、

「使ってみたら楽しくなるのになあ~~!」

と思うことはあります。笑

 

でも、僕が無理やり、アナタの目の前で

「こうしなさい」

とは、絶対に言えません。

自由への介入になります。

 

波動のことがわかれば、

自由への介入をする気にさえならなくなるのです。

 

だって、

自分が自由への介入をすれば、

そのエネルギーが返ってくるので、

自分も自由への介入をされることになるんですから。

 

そんなこと、絶対嫌です。笑

 

やりたいときに、やりたいことをする。

それが止められるなんて・・・

 

それも、エネルギーは判断しないということなんですよね。

 

「こうすべきだ。」

「これが正しい。」

「これが間違っている。」

 

その判断をすることで、

そのエネルギーが、自分に返ってくることを思い出してみてください。

 

判断しているエネルギーを身体で感じたら、

どんなエネルギーを出しているのかがわかりますよ~!!

 

(エネルギーについては、こちらの記事をどうぞ

「自分の出したエネルギーはどんなものも返ってくる。」