パンが食べたい時に起こった引き寄せの法則とその体験談。

 

「引き寄せ」というのは特別ではありません。

いつも僕らは「引き寄せ」をしています。

 

ただ、意識していないから「引き寄せ」がわからないだけなのです。

では、どんなことが「引き寄せ」になるのか??

僕の体験談を交えて書いていきます。

 

 

ある日のことです。

僕は1人、家で仕事をしていました。

とてもお腹が空いたのでパンを買いに行こうと思い、外に出かけました。

 

せっかくだからおいしいパンを食べたいなと思い、

近所にある人気のパン屋へ歩いていきました。

 

すると、商品がほとんどない・・・。

食べたいと思う商品がなかったのであきらめて店を出ました。

 

家に帰る前に、家のすぐそばにあるパン屋にも寄ってみようと思い、再び歩きました。

だんだんお腹も減ってきたし、

「ああ、早くパンが食べたい」

 

そして、そのお店に着いて見た看板は、

【本日定休日】

 

・・・・

 

「これは食べるなということなのか・・・」

と思い、これ以上は動けないから(それくらい腹ペコでした。笑)

とりあえず家に戻ろうと思って、家に戻りました。

 

ん~~~どうしよう。

 

うちは毎日土鍋でご飯を炊いているので、

ご飯を食べるには炊かなくてはいけない。

 

でも、僕はパンが食べたい。

 

ん~~~~

 

そんな時、

「ただいま~~」

と、パートナーが帰ってきました。

 

 

「はい、お土産!」

 

 

パートナーが差し出したのは、クリームパン。

 

 

いつも以上においしくいただきましたとさ。笑

 

 

これも、「引き寄せ」なのです。

 

自分がしたいこと。

現実化させたいこと。

それが、目の前に現れるのです。

 

しかも、

自分が思ってもないときに、達成できたりするのです。

 

 

小さな出来事かもしれません。

「意識しないと、そんなこと気づかないし・・・」

と思ってしまうかもしれません。

 

でもこの小さなことを、

「出来た!」と思うか、

「たまたまだ!」と思うかで、

アナタが思考を使って引き寄せるという現実が現れるか現れないかの差ができるのです。

 

”思考が先、現実があと”です。

 

「できた!」

と思えば、出来るようになっていきます。

(関連記事

「【まとめ】波動と引き寄せの関係性とは?」

 

小さなことで、どんどん「出来た!」

を積み重ねていってください。

 

そうしていけば、自分の出来ることが増えていきます。

 

出来ることが増えると自信がつくので、どんなことも出来ると思えるようになるのです。

そして、

小さなことは、日常にたくさんあります。

 

1つを意識してみてください。

 

意識を変えるだけで、見える世界は変わります。

ぜひ、アナタの日常で探してみてくださいね。