【実例】欲しいものを引き寄せる手順を解説。

欲しいものを手に入れたいのであれば、真剣にオーダーすることです。

この「真剣に」というところがどういう意味なのかがわかれば、どんな現実も引き寄せることができます。

 

例えば、僕は「ゴルフクラブが欲しい」と思っていました。

ただ、そこまで真剣ではなかったのです。

打ちっ放しに行って、レンタルのもので十分楽しんでいました。

 

そんな回数が5回目の時、レンタルしたゴルフクラブのエネルギーが、僕のエネルギーに合わないということが起こったのです。

打っても気持ちよくないどころか、痛い。

「これ、やだああ」って思ったのです。

 

すると、ムクムクと「自分のゴルフクラブが欲しい」と真剣に思うようになりました。

真剣に思えば、次に、「どのゴルフクラブが自分に合うのか?」ということを調べていきます。

ネットで情報を集めたり、ゴルフをしている人にどのメーカーがいいのかを聞いたりしていきます。

 

もちろんここでは、「誰かのオススメ」を聞くだけなので、引き寄せることはできません。

感情とリアルがないからです。

 

そこで僕は、いつも通り、「リアル」を求めて、いろんなゴルフクラブを触り始めました。

スポーツショップやゴルフショップに行って、打ってあるいろんな種類のクラブを触っていきます。

 

触ればエネルギーがわかりますし、自分に合うものもわかるのです。

ここで大事なのは、とにかくいろんな価格帯のものを触ることです。

高額だからとか、安いからとか、そういうことではなく、とにかくたくさん触ることで、情報を得ることができます。

いいと思ったものが、たまたま高額かもしれませんし、安いかもしれません。

大事なのは、1番を探すということです。

 

値段は関係ありません。

そこで自分の選択肢に制限をかけるから、手に入らないんです。

 

そして、僕は「これがいい」と思うものを見つけました。

 

その後は、リサーチです。

どこで買うのかを決めるということですね。

ゴルフショップで買うこともできますし、Amazonなどのネットショップで買うこともできます。

 

ここのリサーチも楽しいのです。

同じ商品なのに、値段が全く違うので。

 

ただ大事なのは、あくまで自分で手に入れるということを意識しているかどうかです。

「誰か買ってくれないかな〜」のように、最初から自分以外の何かを当てにする思考をしていれば、手に入りません。

本当に欲しいものは、自分で手に入れる気持ちがあるかないかも大事な要素の一つです。

 

そうやって、自分の中で真剣になっていくフェーズがあるんです。

最初は真剣にオーダーしていなかったけど、真剣になる瞬間。

それがきっかけひとつですし、「自分で手に入れる」という行動が伴うから手に入るんです。

 

ここまでリアルで進められるから、感情が動きます。

とは言っても、「何がなんでも手に入れる」というより「欲しいなあ」くらいでした。

 

すると昨日、欲しいと思っているゴルフクラブを手に入れることができたのです。

しかも、自分が全く予想しない方法で。

 

「やったー^^」って感じでした。笑

商品が届いたら、Twitterにアップしますね。

興味がある方は、フォローお願いします。

 

現実化は誰しもがしていることなのですが、そこに違いがあるとすれば、真剣かどうか。

リアルかどうか。

感情が動いているかどうかだと思います。

 

動くといっても、猛烈に感じるとか、強烈に動くとか、そういうことばかりではありません。

 

穏やかに動くというか、じんわりと動くというか、そういう感じです。

それらがある時に、手に入らないものはありません。

 

そうなるために最初は、マインドで言葉を意識的に話すのも1つ方法です。

欲しいものがあるなら、それを手に入れている自分をマインドで作り上げればいいわけです。

 

その時に話している自分の言葉をイメージし、それを今の自分に言葉がけできれば、そうなれる意識をつ切り出すことはできます。

例えば、「私は豊かです」と言い続けていたら、気がついたら「豊かになっていた」というような感じですね。

 

それほど言葉というのは、エネルギーがあるということです。

だから、自分の進みたい方に使うことができれば、現実を作ることだって、そんなに難しことではありません。

逆に難しく感じるのであれば、リアルを感じてみてください。

 

例えば、ゴルフクラブが欲しいんだったら、商品を見にいくんです。

実際に触れてみるんです。

その行動すら「気分じゃない」なら、大して欲しいものではないということです。

 

車が欲しいなら、試乗すればいい。

パソコンが欲しいなら、欲しいパソコンを見にいけばいい。

波動を知りたいなら、波動を体験すればいいんです。

 

それをしないで、頭の中で完結しているから、現実になる材料を手に入れることができないのです。

頭の中で完結していることを、リアルに現実化することは捉えにくいと思います。

 

物質次元は、あくまで物質次元です。

物質であることを楽しんでいけばいいと思います。

 

「何もなくても幸せ」なんてことはないはずです。

物質次元なんだから、物質があって幸せです。

 

手に入れたいなら、手に入れればいい。

そのための真剣になっていればいいんです。

 

どこかにお願いに行くことが真剣ではありません。

自分で手に入れることが真剣なのです。

そこを間違えると、いつまでも手に入れることができないままになります。

 

手に入れられるという楽しさが体験できれば、この物質次元の楽しさもよりわかると思いますので、どんどん手に入れていきましょう。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役 アフェリエイトと店舗経営で起業するも空虚感や違和感を抱え、「楽しく生きるために起業したのに、楽しくない」毎日が続く。そんな中、スピリチュアルやエネルギーなどに興味をもち、自分の現実で実験。根源にある重いエネルギーを昇華し、心の豊かさを感じるようになる。同時に、持っていた感覚や霊感を磨き、エネルギーを読み取る技術を活かしたセッションをスタート。現在は誰もが軽い感覚を思い出せる実践方法のレクチャーや、セッション・コンサルをしている。