目の前の現実を変えたいなら・・・

 

アイディアが浮かんだら、まずは現実に投げてみてください。

 

誰かにアイディアを話したり、

浮かんだ行動を起こしてみたり、

アイディアについての情報を調べてみたりしてみてください。

 

すると、その行動に対する反応が見られます。

反応が見られると、次にどうすればいいか?ということがわかるのです。

 

それを繰り返していくと、自分の達成したい現実を見ることができています。

 

 

最初は、ざっくりとした目標や目的、体験したい現実であっても、

やっていくことで徐々にそれらが絞られていきます。

 

絞られていくから、どこにエネルギーを流せばいいのかわかるので、現実化しやすいのです。

 

だから、小さなことからやってみてください。

 

合う・合わないは、やってみて決めればいいのです。

 

 

やる前から、自分のイメージ(想像)でやらないという選択肢を取ると、

せっかく出たアイディアが前に進まなくなってしまうのです。

 

 

イメージで判断してしまうと、一歩を踏み出せなくなってしまいます。

そして、今までやったことがないことだと、

不安を感じたり、怖さを感じたり、どうしていいのかわからなくなります。

 

 

そこから突破してみてください。

新しいこと、知らないことを始めるには、勇気がいると思いますが、

新しいこと、知らない未知を体験するから、新しい選択肢が生まれます。

 

 

新しい選択肢は、今までの体験とは違う体験を連れて来てくれるのです。

 

 

今の見える世界や体験している世界を変えるなら、新しい選択肢を増やしてみてください。

今までとは違う選択肢を選んでください。

 

 

選び慣れたところを同じように通ると、同じ現実になります。

 

それが嫌だと感じるなら、選ぶ選択肢を変えてみてください。

そして、その選択肢を選んだ時に浮かんだアイディアを実行してみてください。

 

 

そうすれば、新しい現実を見ることができます。

 

そして、

その現実が気に入ればそのままアイディアを作って実行していけばいいですし、

違うなと思えば、軌道修正していけばいいのです。

 

そうやって、自分の現実を動かしてみてください。

気がつくと自分の体験したい現実の中にいますよ。

 

関連記事

「エネルギーの方向性を決める。」

「引き寄せは波動の共鳴。」