エネルギーは循環しているから引き寄せる意識は必要ない。

エネルギーは常に循環しています。

留まることはありません。

 

これは、すべてにおいて当てはまります。

目に見えるものから目に見えないものまで、すべてが循環しています。

 

そして、変化し続けているのです。

変化しないことがないのです。

 

ということは

循環を止めたり、

変化を止めようとることがどれだけ大変なことなのか??

ということです。

 

循環って、「作るもの」ではなく「あるもの」です。

空気を吸うことに例えてみるなら、

空気を吸って

空気を吐く。

これは循環ですよね??

 

この循環を止めるということは、息を止めるということです。

苦しくて仕方ないですよね。

 

これが、

どんなことにも当てはまるのです。

 

お金、

人間関係、

健康、

物質、

などなど・・・。

 

変化しようとしているのに、手放すタイミングなのに、

執着やエゴから手放せなかったら、しんどいだけです。

 

だったら、

気持ちよく手放してはいかがでしょうか??

 

止めることにパワーを使うのであれば、

循環すること・変化することにパワーを使ってみてはどうでしょうか??

 

すべては、タイミングです。

タイミングが来たら、どんなに抵抗しようとも、手放すタイミングがきます。

 

空気を吐けば、吸う必要が出てくる。

そして、

手放すと、新しいもの・ことが引き寄せられてきます

 

新しいアナタのステージで、

新しい経験をするために、引き寄せられてくるのです。

 

それは、

アナタが勇気を出して手放したから体験できることなのです。

 

「循環させよう」

「引き寄せよう」

と、肩肘張っても仕方ありません。

 

変化することが自然なのですから、

循環も引き寄せも、勝手にできます。

 

だから特別なものではないのです。

 

特別に感じるのは、

今まで、変化しないことが自然であり、

安定した生活を送ることができると思わされてきたからなのです。

 

その思考を逆にしてみてください。

そうすれば、循環も引き寄せも簡単です。

 

握り締めているものをすべて手放したからといって、

アナタ自身は何も変わりません。

 

なぜなら

本来は、誰も、何も持っていないのです。

 

「エネルギーを循環させよう!」

「引き寄せよう!」

と、力を入れるのではなく

力を抜いてみてください。

 

そうすれば、勝手に回っていきます。

 

循環させようって、コントロールのエネルギーなんです。

今の重いピラミッド社会では、循環が止まっています。

そういう方向に進んでいく社会だからです。

 

だから、循環させようという言葉が出てくるんですが、循環させようなんて全くナンセンスです。

もともと循環しているので、元に戻すだけになります。

 

それは、人の力でどうにかできるものではありません。

 

だから、自分のことも同じように、循環していて当たり前だから、わざわざ循環させるための行動は必要ないんです。

循環させるための行動ではなく、普通に必要なものを手に入れて、できることをやっていけばいい。

それだけです。

 

何か人の役に立つことをするとか、

必要以上にお金を払うとか、

そういうことは一切必要ありません。

 

もともとある大きな循環を、自分に当てはめればいいだけなのです。

これがわかれば、そんなに難しいことではないと思えます。

 

まとめ

大きな循環システムの中に、自分がいるような感覚で毎日を生きていると、自然と必要なものは手元にある状態になります。

もし手元にないなら、それは必要ないことかもしれませんし、まだ必要じゃないと思っていることかもしれません。

 

本当に循環して当たり前だったら、何を不安に思う必要もないということになります。

だから、安心して暮らせますし、どんな社会であっても冷静にいられるんです。

 

関連記事

「比べるという思考を手放すと、心がずっとラクになる理由。」

「楽しく緩く生きてる時に起こること。」

「エネルギーは無限に循環している。」

「考えすぎて抜けられないときは・・・」

「マインドの外にある情報を受け取るために必要なこと。」

 

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役【経歴】▶︎「人生をクリエイトする。(月4万PV)」の運営。▶︎ブログ運営4年経過▶︎波動関連のサービス運営●波動のような目に見えないものが面白くて研究してます●兵庫県出身のウォーキング/サウナ/温泉/食べること/電車好きです。