挑戦の恐怖を楽しさに切り替えられる思考術。

 

どんな体験も、今しか体験できません。

新しいことにチャレンジするときのドキドキ感も、ワクワク感も、

ちょっとした緊張感も、そこに出てくる不安も。

 

どんな感覚も、その時にしか感じることはできません。

それは、1度体験すればわかるからです。

 

わかってしまえば、最初に感じることはもう感じません。

 

ということは、

最初に感じる緊張感や不安を飛ばしてしまうということがどれだけもったいないことなのかわかると思います。

 

初心者の時に感じられることは最初の瞬間だけに感じる感覚。

 

誰でも最初は初心者です。

どんなことも初めてだから、とても新鮮に感じることができます。

 

些細な体験も、大きな体験も、

それぞれが自分にとって素晴らしい体験だということも感じられるのです。

 

そして、その体験は、最初にしか感じることができません。

やり続けていれば、不安も緊張感もなくなって、楽しくなっていきます。

 

続けていれば、

始める時に感じる楽しさとは違った感覚を感じることもできていくのです。

 

つまり、

始めた時には、始めた時にしか体験できない感覚があって、

続けているときは、続けている時にしかできない体験があります。

 

それらの体験に差はありません。

ただ、時と場合によって感じることが違うだけです。

 

ということは、

始めるときの不安や緊張を体験しないということは、

1つの体験を飛ばすことになります。

 

「うまくいくかな・・・」

「大丈夫かな・・・」

そんなことを感じることもまた、この世界の楽しさであり、その時にしか感じることができない感覚です。

飛ばすということはそれを感じることなく、進むことになります。

 

それが必要かどうかは、本人にしかわかりません。

だから、イメージしてもらえれば、それが必要かどうかがわかります。

 

自分ができたから、心からの大丈夫を言える。

 

自分が体験したことがあることを、

同じように体験しようとしている人が目の前にいれば、

きっと「大丈夫だよ」

と、言えるはずです。

 

それは、自分にもできたことだから、

アナタにもできると思えるからなのです。

 

例えば、

りんごの皮を剥いたことない人が、りんごの皮を剥くことにチャレンジするとしたら、

自分が剥いたことがあれば、「大丈夫」と思えるかもしれません。

でも、一度もやったことがない人にしたら、

「どうやってやるんだろう??」と、

包丁を持つ緊張感と、手を切らないかという不安を感じるかもしれません。

 

この違いは、自分の現実を作ることも同じです。

引き寄せることも同じです。

 

りんごの皮を剥くことと、自分の人生を作ること、どちらも同じ原理なのです。

 

りんごの皮を剥くことと、起業することも同じです。

りんごの皮を剥くことと、軽く生きることも同じです。

りんごの皮を剥くことと、アフリカへ旅行に行くことも同じです。

 

全部同じなのです。

 

やったことがあるからできますし、

やったことがないから、緊張するし、不安を覚えるのです。

 

ただそれだけなのです。

 

自分のしたいことはなんだ??

 

自分のしたいと思うことは、

それがどんなに自信がなく感じても、

どんなに難しそうに思えても、

やってみる価値があるのです。

 

もし、興味も何もなければ、したいなんて思わないのです。

情報も入ってきませんし、読むこともありません。

 

りんごの皮を剥くということに興味を持つから、それを体験する現実が目の前に現れます。

そして、「やったことがないから」「うまく剥ける自信がないから」といって、何もしないままだったら、

りんごと包丁とまな板が目の前に広がっているという現実を見るだけになるのです。

 

それらを眺めるということも、一つの体験にはなります。

 

ただ、体験することで、

見るだけでは感じることができない感覚を感じられるし、新しい体験をすることができるのです。

そこに、楽しさがあります。

 

「りんごの皮剥きはどうやったらもっと上手にできるかな?」

ということを感じるのは、体験した時にしか感じることはできません。

 

包丁の種類を変えてみたり、

りんごの種類を変えてみたり、

そうやって、綺麗に剥けた時の過程を楽しんでいけるのです。

 

だからこそ、

自分のしたいことをするというのは、自分の人生を軽く楽しいものにしていきます。

 

誰かのために生きるわけでもなく、

誰かの機嫌を伺うわけでもなく、

誰かの評価を気にすることもなく、

自分のまま、やりたい・したいと思うことを表現していくことができるのです。

 

その時々に感じることも、

そのたった1度の素晴らしい体験だとわかれば、心から体験を楽しんでいけるようになります。

 

心が笑顔でいられるということは、

自然に軽い波動に共振している状態で生き続けられるのです。

 

最初は怖いと感じるチャレンジも、

怖いと感じることは最初だけだとわかれば、その怖さすら楽しくなっていくのです。

 

自分の「したい」と思ったことは、やると決めて動いてみてくださいね。

 

関連記事

「どんなツールも手段も人生を楽しむためにある。」