“軽い視点”を見つける

軽くなるために自分と向き合うタイミングの具体例。

軽くなるために自分と向き合うタイミングというのは、体験したくない現実や重い現実、不満を感じる現実を体験した時のみです。 いつも自分と向き合っていてもしんどくなるだけですし、向き合うこと自体が目的ではなく、軽く生きることが…

波動が技術として得られると、軽い感覚を再現できる理由。

波動という技術がわかると、日常におけるどんな場面でも活用することができます。 そして、それを活用できるから、出来事の合わせて自分の波動エネルギーや思考エネルギーの状態を軽くできるから、軽く楽しく生きることができるのです。…

軽い感覚におけるメンタルが強いという状態の具体例。

軽い感覚を手に入れることができれば、自然とメンタルも強くなっていきます。 ここでいう「強い」というのは、出来事や時と場合によってしなやかに視点を動かすことで、いつでも自分のご機嫌なメンタル状態にできるという意味です。 臨…