感覚で生きるために必要な小さな体験。

 

感覚を使って生きていくには、

感覚を使うことに慣れる必要があります。

 

今までは計画すること、

マインドで考えてその通りに進むことに慣れていました。

 

だから、先を考えない感覚のやり方はちょっと難しく感じるのです。

 

でも、

難しく感じるだけで、元々持っている能力です。

むしろ、マインドで考えていることは、この物質次元だけの話です。

 

もうすでに五次元に共振しているので、

今までの、マインドを主体にしたものの考え方ではない感覚で考えることが大切になってきます。

 

感覚で自分の人生を動かすというのは、

難しいことではありません。

 

例えば、

自宅から駅までの最短ルートの道を見つけてそこを歩くのか、

「今日はなんとなくこっちの道を歩いてみよう。電車の時間は○時○分で、間に合う」

と、感覚で道を選ぶと、新しい発見や出逢いがありながら、電車には間に合います。

 

そこで、

「そのルートだったら、どれくらいかかるから間に合わない」

と、マインドで考えて間に合うことにキャンセルをかけてしまうと、間に合う現実を体験することが出来ません。

 

時間は、一定の速度で進んでいるのではなく、

自分の意識で伸びたり縮んだりします。

 

電車に乗れる現実を作るのも、

電車に乗れない現実を作るのも、

自由に自分の感覚で作ることが出来ます。

 

感覚で作ることに不安を感じるかもしれません。

「もし、電車に間に合わなかったらどうしよう・・・」

と、感覚の道を選ばなければ、今までどおりのマインドの世界を生きることになります。

 

だからこそ、

小さなことから感覚を試してみてください。

 

目覚まし時計をかけないで、自分の起きたい時間をオーダーし、

寝ることを楽しむだけでも、感覚を試すことが出来ます。

 

それでも、

「明日仕事があるから、起きれないと困る」

と、不安を感じてやらなければ、

いつまでも感覚に慣れることができないのです。

 

 

感覚で生きると、不安が出てくるかもしれません。

その不安が出てきたら、

「今、不安を感じてるわ」

と、思って感じきってみてください。

 

 

感覚に慣れてくると、

簡単になっていきます。

 

感覚で現実を作ることができると、確信を持てるようになります。

 

どんな些細なことでもいいので、

感覚を試してみてくださいね。

 

関連記事

「時間が現実を固める・・・」

「波動が軽くなり五次元に共振する世界。」

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!