オフィスやってみよう 木村祐理のオフィシャルサイト

ずっと聞いてみたかったことを聞いてみた。

2020/07/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。
Pocket

満を持して・・・

予てから長男に聞いてみたかった質問をしてみた。

2つのスクールの違い、どう感じてるのか。

あなたが思う(感じている・いた)

オルタナティブスクールのいいところ3つ
オルタナティブスクールの微妙なところ3つ

小学校のいいところ3つ
小学校の微妙なところ3つ

教えてほしい!

やっと聞けました(笑)

ある程度、2つの場所を俯瞰して見れるようになってから、
聴いてみたいと思っていたんです。

ちなみに、追加でもう1つ。

上の質問を踏まえて、
あなたがもし、校長先生で、
時間割を自由にきめていいですよ!ってなったら、
どんな学校、どんな時間割の学校にする?

どの質問の答えも、答えの理由も、うなったわ~~。

ねぇ、直接、シェアしてみてよ~といったけど、
微妙な感じだったので、残念ながら、それは控えておくとして。

私が覚えていたら、個別にシェアします♪(←これはOKだった)

もしくは、本人に直接聞いてみてください^^

自由だといわれる場所で、7年育ち。
その後、小学校2年目。
両方の体験からの視点。

すごく参考になると思う。

自由や主体性ってことを、
ひたすら問われ続けた子どもが考えている
学校という枠組みでできる
「考える力」や「主体性が育つ」というデザインに、
大人が考えるってことの限界を感じた気がします。

やっぱりさ、教育って、自分の世代が考える限界を感じてたけど(どんだけオランダいったって)
いろんなことを探究している10代、20代の視点に、
かなわない気がする。

個人的には、
こんな学校だったらいいんじゃない?っていう話は、
「主体的な学びや育ち」に学校をシフトしていこうとしている先生や学校に、
届いたらいいなと思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生をアップデートしよう , 2020 All Rights Reserved.