全力で泣いたら、手放せる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

この数か月。

この10年の棚卸をしている感じ。

この10年間で取りこぼしてきた色んなことを、

受け止め直し、味わい、昇華していく。

何度も、何度も、何度も、何度も。

終わったーと思ったら次が来る。

これで最後かなーと思ったら、また次が出てくる。

私は、どれだけ取りこぼしてきたのか。

自分でも、苦笑いするくらいの量。

 

10年前。

自分が挑戦した出来事。

すべて味わって完了した。

つもりだった。

 

それはどうやら違って。

その時の自分では味わいきれなかったたくさんの気持ち。

本当に言いたかった思い。

感じていたたくさんのくやしさ。

伝えきれなかったこと。

受け止めきれなかった衝撃。

自分が本当に作りたかったもの。。。。

 

あの時はわからなかったことが、じわりじわりとよみがえってくる。

今の今になって、自分に溢れてくる。

 

同じような出来事に進むタイミングで、次々フラッシュバック。

 

全部過去の自分が体験したこと。

昔に自分が感じたこと。

今の出来事とは、全く関係ないのに。

 

10年前の感覚が全身をかけめぐって、どうしようもない。

今なんてもの、まったく見れなくなっちゃって。

どれだけクリアーにしても、すぐその感覚で自分が埋め尽くされちゃう。

 

モグラたたきみたいに。

あーん、もう!!

あーん、もう!!

ってやっていても、全くダメで。。

 

あー、もうだめだぁー。

あきらめたとたん。

 

一気に自分の中からあふれ出してきて。

全部涙になって流れ出てきた日。

 

泣いても泣いても、止められない自分がいた。

 

10年間。

自分の中で消化できなかったいろんなことが

全部涙になって出ていく。

終わったと思ったら、次の波が。

終わったと思ったら、次の波。

 

・・・陣痛ですか!?

と、思えたころにはちょっとすっきりしていた。

 

なんで泣いているの?と聞かれても、

自分でもよくわからない。

理由なんて多分なくて。

ただ、自分の中にあったものを全力で出し切っただけなんだと思う。

 

体中にひそめていたものは、

全部押し出されて、消えていった。

 

不思議だなぁ。

本当に昇華されたとき。

自分の中で、出来事が「ただの出来事」になる。

 

自分にとって、全ての準備が整ったとき。

空に消えていくように、起きる昇華。

 

自分の中にあったことすら気がついていなかった大きな荷物は、

おろされて消えていった。

 

このふわっと軽くなる感覚とともに、

一気に頭がさえてくる。

 

大事なことを決める前に、必要なことだったのかなぁ

 

こどもたちは、いつも全力で泣く。

 

理由があるときもあるし、ない時もあるんだと思う。

 

全力で、自分の中にあるものを出して出して。

自分を空っぽにして。

そうしたら、全部キレイに手放せて。

真っ白な自分がそこに居るだけ。

 

子どもたちは、だからいつも自由で。

いつも軽やかで。

今を生きていれるんだろうな。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.