オフィスやってみよう 木村祐理のオフィシャルサイト

ゆりさんは、お子さんをどう育てようとしてるんですか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。
Pocket

最近、めっちゃ聞かれる質問です(笑)

 

なぜ公立の学校へ?

受験させるんですか?

 

・・・受験、させるつもりはないですよ。

本人が希望すれば、そういうことになるかもしれませんが。

今、現在、そんな予定は全くなし♪

 

たくさんの「???」を持たれているみたい^^;

 

私が子どもたちに思うことは、

今も昔も何も変わっていなくて。

 

子育てで大事にしていることは、1つ。

 

どんな環境・社会だったとしても、(自分の外側がどうだったとしても)

自分から自分の人生・環境を、創っていく。

あらゆる人と共に創り、「幸せ」を生きていく

 

そんな力が育つこと。

 

いつもそこから、選んできてる。

で。

今、その選択の1つ(子どもと話しあって選べる選択肢)が、公立の小学校っていうだけの話。

 

「お子さんにも、好きなことを仕事にしてほしいって思うんですか?」

っていうのも、よく聞かれる(笑)

 

答えは、まったく思わない(笑)

 

だって、それが本人のやりたいことと幸せかどうか、わからないから。

実際、

好きなことを仕事にして、幸せな人もいれば、

好きなことを仕事にして、幸せじゃない人もいる。

 

どうしたら、幸せ!なんてさ、人によって違うもん。

 

確かに、

私は、自分が心をわしづかみにされている分野を、仕事にしている。

ただ、その活動や表現方法は、様々で、色んな仕事をしている。

働き方は、個人事業主だけど、取引先は様々だし、

色んな業種、業界、働き方、価値観、考えを知りたくて、

自分が興味をもてる仕事を、定期的にやっている(←社会勉強&リサーチ)

だから、仕事も働き方も、説明しにくい。

 

ただ、仕事時間、母時間、家族時間、自分時間、休む時間のすべてを、

1日24時間という枠の中で、全部バランスよく大事にする心がけた生活をするって決めて、

それですべてをデザインしてる。

 

話を戻して。

だから、仕事あれこれについては、

 

好きなことを仕事にするもいいし

嫌いなことを仕事にするもいいし

あれこれといろんな仕事をするもいいし

できることを仕事にするもいい。

就職して仕事をするもいいし

起業して仕事をするもいいし

一人で仕事をするもいいし

仲間と仕事をするもいいし

 

使命を生きるもいいし

運命を生きるもいいし

 

どれがいい!

どうすれば幸せだ!

なーんてことは、無い。

 

自分がこれでいこう!

自分がこれがいい!

自分がこうしよう!

と、自分が1歩ずつ人生を作っていけばいいさ。

 

すきを知るということは、嫌いを知るということ

心地よいを知るということは、不快を知ること

人との距離感を掴むには、

近い、遠い、かかわる、かかわらない、深く、浅く、、、

 

あらゆることが

自分の中で育つには、

いろんな体験、感情、出来事、出会い、温度、景色、ルール、制限、

価値観、思考、文化・・・に

ゆさぶられながら探究することで、

自分の中心(自分軸・あり方)が固まってくる。

 

どんな出会いも

どんな時間も

どんな体験も

どんな場所も

ぜんぶ、あなたを育ててくれる。

 

彼らが、

どんな人生を歩んでいくのか、

特に、どんな活動を仕事にしていくのかが、(←職業病)

とっても楽しみ!

 

 

その力をもって、大人になれるように、

18歳までは、生き方トレーニング期間だと、私は思ってる。

 

絶対的な味方で、本人以上に彼らを信頼する。

そのうえで、寄り添い、尊重し、対話し、見守り、探究し、共に学ぶ。

 

時に、口を出し、時に対立し、時に行動を制限し、時に壁になる、こともあるよ。

 

一緒に生きられる時間なんて、限られてる。

そばで、お互いの時間が交わりあう時間なんて、もっと短い。

 

全部、まるごと、抱きしめて、自分の生きれたらいいよね。

お互い、命と、生きるを楽しもう♪

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生をアップデートしよう , 2020 All Rights Reserved.