私が、食卓にキャンドルを置いたワケ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

ブログにお越しくださりありがとうございます。
自分らしい生き方実践家、木村祐理です♪

少し前から、
我が家の食卓にキャンドルをおいている。

火をつけるのは「夜」

晩御飯の時間、
食卓の机の上に、火がともったキャンドルが置かれる。

食卓をキャンドルに置いたワケ。

いくつかの意図があるけれど、
一番大きなものは。

「子供たちを落ち着ける環境を創る意図」

我が家は、男子二人。
8歳と5歳。

食事中、いやでもがちゃがちゃとなる。
長男は、今思いついたら体が動くタイプだし、
次男は、すべてが全体で表現されるタイプ。

気がついたら、たっている。
座っていても、色んなものがひっくりかえりそうになるくらい、
二人して、わちゃちゃする。

そんな行動をとめるために、
「ほら、ご飯中」
「ちゃんと座って」
とか、言うの1回ですむなら言うけれど。
1回じゃすまない。
言葉で行動を制するのには、限界がある。

楽しいごはんの時間は大事にしつつ、
子供たちの行動を自制させていくデザイン。

これは、子供たちを動かないようにするというよりも、
「動」が起きにくい状態、
「静」が置きやすい状態を
リードできる場所をデザインしています。

子どもたちが持つ「静」の部分が
引き出せれる場。
それを、環境のデザインで創っているんです。

ずっと考えてきて。
思い出しのがキャンドルだったのです。

火が目の前にある。
それだけで、人の行動は慎重になる。

それと同時に、
小さく静かに燃える火は、
不思議と人を落ち着かせるはず。

そのねらいは、ばっちりあたり♪

キャンドルを置いた日から、
食卓に流れる空気が変わった。

環境のデザイン次第で、
人の行動は変わる。

工夫次第で、言葉であれこれ言わなくていいことって
実はたくさんある。

何事もアイディア♪♪

これは、オランダの教室から学んだこと!

晩御飯のキャンドルをきっかけに、
子供たちに新しい役割が出来たのも大きいことだなと思っています。

長男には、マッチで火をつける役割。
次男には、火がついたキャンドルをテーブルまで運ぶ役割。

私から、任命しました(^^)

私が、言葉で子供に対して、
あれこれ言うことが少ないと思われているのは、
ガミガミイライラしている姿が見えないように思われるのは、
環境を味方につけているので、
ガミガミイライラすることを減らす工夫をしているのです~!

相手をどうするか・・の前に、
環境を見直してみること。

環境によって、
引き出されているものがあるかもしれないからね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★お知らせです★
下記の主催講座は、予定通りです。ご活用ください!

★ソースプログラム
6/1-2(土・日) 10:00-18:00×2日

7/14-15(土・日) 10:00-18:00×2日間
開催が決まっています。
※他の依頼が入った場合、開催が取りやめになることがあります。ご了承ください。

★【連続講座】オランダ流・実践型コーチング連続講座
7/28スタート 6ヶ月間の連続講座
残席5席あります。(4月末まで早割期間)

★ピースフルスクールそら
不定期の日曜日開催になりました。
しばらく単発のクラスになります。
次回は、5/13と5/20です。
詳細は、こちらをご覧くださいね!

★今後募集予定
オランダ教育現場&環境スタディーツアー
2018/10/2-10/7@オランダ国内で開催予定です。
ご興味ある方は、問い合わせください。
5月に入ったら、募集をスタートします♪

★その他ご依頼について
こちらをご覧くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらもよかったら~!

★電子書籍
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」

★メルマガもぜひ♪7日間届きます(^^)

【バイバイ宣言】人づきあいのストレスが消えていく 7つのステップ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.