嬉しかった2日間(^^♪

2016/07/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

「あぁ、嬉しかった!!」

学び舎×オランダ教育のトークイベント、
オランダの教員養成カリキュラムを体験する1日集中講座
濃ゆい二日間が、無事に終わりました。

 

13495199_1088733477841589_6876433445070886519_n.jpg

大阪、沖縄、札幌と、同じことをやっているのに、
全くが違う場になりました。

場はナマモノ。
集ったみなさんの思いに連鎖して、
いつもひらめきがくる。

札幌では
教育について強くコミットを持った多くの方とご縁いただきました。
素敵なみなさんとの出会いが、とってもとっても嬉しかったです。
たくさんの勇気をいただきました!!

参加してくださったみなさん、
一緒に場を作ってくださったみなさん、
あ・うんの呼吸で一緒に作ってくださるなおこさん。
そして、子どもたちのことだけではなく、
あらゆるサポート引き受けてくれたスタッフのこうじくん。

本当にありがとうございました。
嬉しいことがたくさんあったんですが。

今回、一番嬉しかったことは…
学び舎の「場」を運べた?こと。

私は学び舎のことを代表して話をしに行きましたが。
実は、卒業生が作ってくれたチラシを持って配り、
保護者さんが作ってくれたクラスの動画を紹介することができました。

両方とも作りたくて作ってくれたもの。
作り手の保護者さんにも、
クラスの全員の保護者さんにも許可をいただいて、
今回使わせてもらいました。
作り手の思いがそのまま伝わるもの。

子どもたちの、卒業生の、スタッフの、保護者さんの今。
今の場の全てが、色んな人の作品で届けられた喜び。
学び舎の雰囲気が、風が吹くように存在した感覚。

ようちえんクラスの代表を次男坊が、
小学部の代表を長男が、
スタッフ代表をこうじくんが魅せてくれて。

同じ場にいることで、いつもの場が再現される。

いつもの場がここにある
ただただ嬉しかった。

学び舎のこれからが、
今回機会をいただけたことで、
またはっきりしてきました。

本当に、ご縁いただいた全てのみなさん。
ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.