長男のやりたいことをやる力

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

最近の長男。

みていて瑞々しい成長ぶり。

7歳になって、完璧に自分の世界を持っていて、

自分の意見も持っていて、

ちょっとそっとのことでは、親の私たちの意見にも惑わされず。

いつも「どうやったらできるか」を考える

素敵な脳みその持ち主(^^♪

 

今日。

町で名所をめぐるシールラリーがあって。

行きたがっていた長男。

 

でも、誰もその意見に賛成しなくて、

長男一人だけ、行きたい!!と言っていた。

 

「明日、どうせ小学部で行くんじゃないの?」

と、言っても・・・

「僕は、今日、行く!」

 

あぁ、そうですか。

 

そして、そのまま。

矛先は、滞在しているウーファーさんへ。

 

英語しか話せないスペイン人のウーファーさんと誘い、

(英語が使える大人に助けてもらって誘い)

見事にOKをもらい、

なんと二人でシールラリーへ出かけたのでした(笑)

 

ふつーに出かけていったよ(^^;)

 

相手が誰であろうと、

言葉が通じようと通じにくかろうと関係ない。

 

やりたいことを一緒にやってくれる人がいたら、

その人と一緒に、【楽しく】時間を過ごす。

 

これが、長男のアイデンティティ(笑)

 

3時間近く、二人で過ごしたらしいんだけど、

どんな時間だったんだろう・・・。

 

ほんっと、後ろからばれないように見てみたいよね。

って思うのです。

 

ま、付いて行きませんがね(笑)

 

楽しかったわー!と帰ってきた笑顔で、母は十分でございます♪

 

自分の人生を自分で創り上げていく。

そんなことが、彼の中では当たり前なんだろうな。

 

 

私の中で、彼の人生で心配することは全くなし(^^♪

このまま、自分の世界を謳歌していったらいいのです。

 

楽しみだらけの人生、

自分の感性を信じて、

たくさんの人との出会いで創っていきなはれ(^^)ノ

 

4歳の時は、

いろんなものを怖がって、

泣いてばっかりだったのにね。

 

1つずつ自分のペースで選んで、体験して、確かめて。

そして、今があるのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.