隣にいる人だぁれ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

2月3日からはじまった、

2月23日のプロジェクト。

 

過去最短で、形を成した講演会。

 

 

2月3日、

「ゆりさん、僕は○○したい!」

その言葉を受け取った瞬間から、動き出したプロジェクト。

 

「したい」と言われたら、「やります」よ。

だって、私が「したい」と聞いてしまったから、

私はそんなあなたを応援したい。

自分ができること、全部やるよ。

そう決めた。

 

心の底から出てくる「やりたいこと」ほど、

大事なものはない。

 

やる!と決めた瞬間、誰に会うかが浮かび、

どこに行くかが決まり。流れるように準備が進んだ時間。

 

こんなに物事がスムーズに進むなんて。

ってびっくりする自分と。

意図だけで動いたらこうなる!って確信している自分。

 

完璧に、生き方がシフトしたと思う。

 

この20日間。

いつも、私の隣に、過去の自分がいた。

 

10年前、プロジェクトをやりまくった自分が、

いつも自分と共にいて、

どうやったら機能するかを教えてくれた。

 

どこに行けば、誰に会えば、

必要なものは何か、何をはっきりさせればいいか。

全部、全部、ヒントをくれた。

 

私にとって、10年前、駆り立てられるようにやり続けたproject。

 

何度も思い出す光景は、

いつも泣いていた自分。

お願いしにいっても疑心暗鬼で門前払いされる自分。

 

どうして?なぜ?何をやっているの?

リーダーなのに何してるの?

そんなことを問われている自分。

一緒にやっていたメンバーがしんどそうにしている姿。

 

何度も思い出された。

 

素敵なこともたくさんあったけど、

自分が創りたかったけど、創れなかったこと。

が、心の奥にずーっとあったんだと思う。

 

今の私。

軽やかにシンプルに、笑いながら事を進めてきた。

 

行く先行き先で、素敵な出会いと笑顔に包まれて、

たくさんの人に応援されながら過ごした20日間。

時間が無くて、プロジェクトチームを立ち上げることもせず、

同じ絵をみたパートナー達と一気に進め、

色んな作業は細分化して、ふと思いついた信頼できる仲間に

声をかけてお願いしてきた。

結果的には、たくさんの人と一緒に準備をして、

当日を迎えようとしている。

 

ふとした時に、思い出す10年前の自分。

その痛みを何度も思い出し、

今の自分がただただ受け止め続けている。

 

 

そう。

これが創りたかった。

動いている間、どんどん笑顔や応援が広がって、

渦のように流れを生み出す。

仲間と、信頼関係の中で、笑いながら支えながら、励ましながら過ごし。

想いを伝えたあらゆる人が、応援してくれる様子。

 

10年前も、

私はそういう景色をみながら、

私はプロジェクトを進めてた。

 

でも今みたいに、

自分に浮かぶ景色をそのまま現実化する力量がなかった。

 

現実は全然違ってしまって、

創れたこともたくさんあったけど、

創れなかったことに大きなショックを受けてた。

 

今回、自分がさんざん体験したことが、

全部今に活きている。

 

だから、全部まるごとやってきてよかった!と心から思えた。

10年たって、はじめてあの時のすべてをまるごと全部認められたんだと思う。

 

でも、感覚だけは残っていて。

あの時の傷みを何度も思い出して、

何度も何度も立ち止まる自分がいて。

 

今も、不出来だった当日前の自分の姿を思い出して、

息が詰まりそうになる。

 

まったく違う現実が自分の前にはある。

感覚だけが、過去を呼び起こす。

 

その狭間で、感覚が通り過ぎるのを、

ただただ味わっている。

 

あと2日。

最後まで、あなたは隣にいるのかな。

 

最後まで、隣にいたらいいんだよ。

あの時、見たかった景色、創りたかったものが、

ちゃんと見れる当日が来るからね。

 

あの時、現実には創れなかったけど、

最後の最後まで、自分の中で捨てなかった絵、自分の確信。

それは、絵空事じゃなかったんだよ。

 

あなたが全力でやりきった全てが、

今の私を創って、2日後の未来に繋がってる。

 

一緒に見ようね(^^)

 

昔の詳細みーつけたっ!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

★次世代型教育フォーラム2006★

 

あなたにとって教育とはどんなものですか?

10年後、家庭・学校・企業・地域などのあらゆる場に自分の能力を出して生き生きとして生活できる社会にするために、何が必要でしょうか。

このフォーラムでは”考える”から”行動する”をコンセプトに、
コミュニケーション、学校教育、子育て、食育、環境教育、発達障害支援、平和教育など
様々な分野のワークショップ、講演を行います。
また、スタイルも「聴講型」「参加型」「創作型」「アクションラーニング型」など、
面白い試みを取り入れ、フォーラム全体を通してコンセプトを実現させていきます。

たくさんの「教育分野」「スタイル」に触れてください。
「教育」は誰かの問題ではないはずだから。

 

セミナー内容

このフォーラムでは“考える”から“行動する”をコンセプトに、コミュニケーション、学校教育、子育て、食育、環境教育、発達障害支援、平和教育など様々な分野のワークショップ、講演を行います。

10年後、家庭・学校・企業・地域などのあらゆる場で、一人一人が生き生きとして生活できる社会にするための、教育の在り方を一緒に考えませんか?
<プログラム>
○基調講演:10:30〜12:00
ビジネスコーチ、心理カウンセラー、人材コンサルタント
岸英光氏『あなたにとって教育とは何か』
○分科会1:13:00〜14:30
◆特別講演
岸英光氏『次世代の教育に向けて』
◆学校教育&子育てワークショップ
『創ろう!新しい教育のかたち』
現役先生、大学生、塾講師、元学校カウンセラーが
提供する参加型ワークショップです。
◆障害と個性ワークショップ
NPO法人 えじんくらぶ代表 高山恵子氏
『障害は個性? それとも才能?』
◆平和教育 映画上映
地球交響曲 ガイアシンフォニー 第五番上映
○分科会2:15:00〜16:30
◆パネルディスカッション
『次世代型教育の実現・展開にむけて、
今私達は何を考え、そして行動するか良いのか?』
パネラー:岸英光氏、日立市PTA連合会長 原田実能氏  他
◆キャリア教育
ASTRO-L有限会社代表 黒木桂桜氏
『お母さんから先生まで〜子どもを育てる大人のキャリア教育』
◆食育&環境教育
はやしやまクリニック 希望の家 ホスピス 院長 山本篤氏
『もったいない〜環境問題、食育について考えてみませんか』
◆平和教育 映画上映&トーク
地球交響曲 ガイアシンフォニー 第五番上映
※分科会は1,2それぞれ4テーマのうちから1テーマ選択できます。
※託児スペースや親子同伴席、くつろぎのコーナーなどもあります。

→ブログだけ残ってました♪

http://blog.livedoor.jp/kf2006/

 

一緒にやってくれたたくさんのみなさんに、

あらためて感謝!!!

 

ちょうど、10年経ってる!!!

そして、10年前の今も、言っていること変わってないんだなぁ~私!!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved.