他人を、思い通りに動かす?

2018/06/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

「遊んでくれなかったら、本全部捨てるもんね」
「遊んでくれなかったら、もうマイクラしないもんね」

長男と遊びが合わなかったとき、
次男お決まりの文句。

次男坊は、
人と関わるとき
こういう手段を学んで
生き抜いてきたらしい。

自然に、そこに立ってしまう。
自分の意思とは関係なく。
人は人の中で生き抜いていく必要があるから。

いままでの人間関係の中で、
そこでそうして、自分の居場所を創ってきたんだろうね。

それが、この数か月、次男とじっくり過ごしてよく見えた。

長男は、全部応じるか、また泣くか。

これまた、そうやって生き抜いてきいていて。

最近、こういうのを、次男が私にも言ってくるから、
さらっと、しっかりコミュニケーションとってて。

それを、長男が、すぐパクる(笑)

こうやって、子どもは、関わり方を学ぶ。
それがいいかどうかではなく、
生きていくひとつの術としてね。

私は、楽しく、心地よく、安心して
過ごしていきたいと思ってる。

やったらやりかえす?
言ったらいいかえす?
思い通りに相手を動かす??

応じなかったら、
どうにかして相手を思い通りにする???

叩いたら、叩き返えして、いいって教えるのと同じ
バカっていったら、バカって言えって教えるのと同じ
取られてた、取ってもいいってこと?

相手がやったら、自分も同じことをやっていい??

私は、その価値観が、わからない・・・。

そして、自分の自分も心地悪いし、
子どもたちに受け渡すつもりはない。

だから、自分の大事にしているスタンスで関わっているだけど。

力で動かす、動かされるという土俵から降りる方法、
あるんだから。

他人は、あなたの思い通りに動きません。
あなたの、他人の思い通りに動く必要はないんだよ。

って、子どもは説明しないけどね。
(長男は8歳だから、分かる範囲はお話しするけど)

言葉で説明するより、
子どもたちは行為を通じて、
そこに存在しているものを感じるから。

 

あなたの気持ちはわかったよ。
母は、今これがやりたいの。だから今は一緒にやれない。
ごめんね。
これが終わったら、やれるよ。どう?

一緒に考えたら、いいアイディアが生まれてくるかもよ。
生まれてこなくても、お互い大事にしたいこと、わかるって
素敵なことじゃない??

希望があえば、一緒にやればいい。
気持ちがあえば、一緒だねってなる。
気持ちが違えば、違うね、残念ってなる。

やりたいがあわなければ、今はあわないね。
仕方ないね。
じゃ、どうしようか、でいいんだよ。

こんなにやりたかったのに!!
誰も応じてくれない!!

気持ちが収まらない??
そんな時は、八つ当たりする??

いやいや。
・・仕方ない。
自分の機嫌は自分でとりましょ。

しばらくしたら、気持ちや希望が重なるときがあるかもしれないでしょ。
ちょっと待ってみるってどうかしら??
本当に、相手とやりたい!!って思うんだったら、
それもありかもよ??

お互いの「今」は、
一人ひとりの大事なものだから。

大事にしあう「関わりあい」が出来たら、
私は、幸せだなと思うのです。

大人がやめたら、こどもからも消える。

 

大事なのは、

「あーやっちゃった!って自覚」と

気がつくたびに「やめる!」って意思。

 

「ごめん、言い方間違えた」って、

ふさわしくない会話をしてしまったときに、子どもに(相手に)ちゃんと謝ること。

 

できてるかどうかより、大事なことだと、私は思う。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved.