卒園おめでとう。

2016/06/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

長男が、卒園しました。

P3192681-thumbnail2

 

いつもは、汚れてもいい服なのに。
かっこいい服がきたい!という希望で、
なかなかみれない姿が見れました。

楽しかったことは・・という質問にも、
みんなが「ない!」に流れる中、
自分の言葉を言えました。

3年前、友達のケンカにフリーズし、毎月末お腹を下し、
学期ごとに倒れていた長男。

年少さんが終わるとき、みんなは、ようちえんの友だち。
僕の友だちは、○○くんだけ。
ねぇ、友達って何?
そんなことをつぶやいていた。

月日が流れ。
自分の中で友達ってものの【定義】ができたのか、
友達として名前があがってくる子が増えて。
年長さんには、友達と遊びに放課後もとびだしていくようになり。

自分のペースで、自分の居場所と仲間と自分を作った3年間。

目の前に両親がいるのに、
クラス中はみんなの太郎さんとゆりさん。
色んな気持ちに葛藤していた時期もあったけど。
いつのまにやら、それも当たり前になり。

上手に使い分けて、過ごすようになり。
そんな環境と両親をまるごと大好きでいてくれてありがとう。

そして、そんなマイペースな長男を、
そのまま大事に、一緒に育ってくれた仲間達。
一緒に育ててくれた保護者のみなさん、スタッフのみなさん。
本当にありがとう。

長男のようちえん探しがきっかけで生まれた「さつきやま森のようちえん」

きっかけは、長男だったけど、
蓋をあけてみたら、
私たち夫婦にとってさつきやま森の学び舎とようちえんという
「神様からのお志事」を与えてもらったようでした。

幸せなお志事に出会わせてもらえたことに感謝をこめて。
これからも、やっていきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.