そのやり方、ずれてます。

2017/01/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

子どもの関わり方の本を読む。

あーそうすればいいんだ!って考えて、

自分でやってみる。

 

ダイエットの本を読んで、

そっかーこうやれば楽勝なんだ!!って

頭ではわかって。

実際やってみて、望んだ状態って手に入りますか?

 

テレビで見た健康法をやってみる。

 

上手く行った時は、いい。

上手く行かなかったとき、どうしてます?

 

ひとりでぐるぐる考えていませんか?

 

あーまた同じだぁ・・・

何度やってもダメだぁ・・・

なんで上手く行かないんだろう・・・

何がダメだったんだろう・・・

 

って。

気が付いたら自分を責めちゃうほうのぐるぐるにはまっている・・・。

 

「一人でぐるぐる、自分であれこれ考えること」

って、実は一番遠回りな方法。

 

そして、下手したら、

どんどんあなたが望んでいない方向へ

思いっきり進んでいける方法。

 

なんだってこと、知ってますか?

 

自分の顔を、ひとりで見ようと思ったって見れないから、

「鏡って道具」を使って、客観的に自分を見れるようにするでしょ。

 

自分の内部のことってわからないから、

健康診断を受けたり、身体のことが分かる人に見てもらうでしょう。

そして、その結果を参考にしたら、今の自分の健康状態がわかるでしょ。

 

自分一人で全部あれこれやろうと思う事ほど、

大変なことってないんです。

 

実際行動する時、

実際自分の考えを確かめるとき、

「自分以外の誰か」にサポートしてもらう方が、

自分が客観的にみれる。

客観的にわかる。

自分が見落としちゃってることもわかるんです。

 

そのために、

私たちコーチって人がいる。

 

どんなスペシャリストだって、どんな一流選手だって。

たった一人で成功している人っていない。

必ず、そばに、その人のすべてを信頼して、応援し、サポートしてくれる人が付いている。

 

だから、どんな状況でも、

自分の気持ちに揺さぶられたり、自分の考えに惑わされたりすることなく、

自分が出したい結果を出すためだけに力を発揮できるんです。

 

そういう、

自分をサポートしてくれる存在って、誰かだけのものじゃなくて、

誰でも使えるものなんです。

どんどん使ったらいいんです。

 

どんなに経験が豊富でも、どんなに年齢を重ねていても。

物の見方や考え方感じ方には、

その人が気づいていないほど、

無色透明で、でも影響力があるフィルターがあるんだから。

 

私はコーチで、自分で自分をコーチングすることはできます。

でも、日常的なあれこれに使うだけ。

 

ほとんどは、コーチと会話したり、

自分が客観的に自分の状態を掴めるような

会話ができるパートナーと会話します。

 

1日の中で、

多くの時間、誰かとコミュニケーションを持って、

いつも自分の状況をわかるようにしてる。

 

どんな小さなことでも。

どんな自信のある状態だったとしても。

 

必ず、コミュニケーションを持つ。

 

だって。

自分のことは見えないから。

自分のものを、自分の外側に出してみて、

はじめて自分でも「あぁそっか」ってわかるんだから。

 

そうやって。

 

あなたのことを心から大事に、

あなたのことを心から信頼し、

自分の感じ方や価値観を持ちこまずに、

ただただ、受け止めてくれる人。

 

その人とのコミュニケーションが体験できれば、

多少一人でもぐるぐるやっても、ちゃんと次に変化が創りだせる

「省察」や「探究」になっていくんです。

 

同じことをやっていても、

少し違っただけで、行きつく先がかわっちゃうから。

 

心も身体も軽やかに、

自分の今がはっきり掴めて、

気が付いたら前に進んでいる方向か。

 

心も体も重たくなって、

自分の今だどんどんわからなかくなって、

気が付いたら動けなくなっている方向か。

 

私たちは、自分次第で、どっちにでも向かっていける。

 

自分が楽になるように、

自分の力が発揮されるように、

自分以外の誰かと繋がって、サポートしてもらうことが

当たり前になったらいいな。

 

そう思っています。

 

だから、ひとりで抱えないでね

一人で考えようとしないでね。

 

信頼できる誰かと一緒に、やったらいいんだよ。

それが、人と共に生きる事のとっても素敵なところだと、

私は思ってます。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved.