オフィスやってみよう 木村祐理のオフィシャルサイト

シンプルなものが複雑になる。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。
Pocket

オランダから帰国して、かならず訪れる「脳みそ混乱期」・・汗

 

オランダにいる間、そこで見る・触れる・感じる「教育」というものは、

とてもシンプルなもの。

(教育だけじゃなく、暮らしの部分でも)

 

何のために学校があり、

オランダの経済はどんな経済であり、

社会は今どうなっていて、そこからどんな未来とどんな人材を育てていくのか。

 

教育のゴール。

社会(経済)と、教育は、しっかりつながっている。

 

初等教育の目的と位置づけ

中等教育の目的と位置づけ(日本でいう中高一貫校)

大学の目的と位置づけ。

 

上から下まで、(年齢が小さなころから、大人になるまで)が

全部つながっている。

 

この部分を実はずっと追及していて、

この1年くらいで、しっかり見えてきた部分。

 

だから、学校が変われど、

お会いする先生が変われど、

届いてくる根底にあるものは、ほぼ変わらない。
(もちろん全員じゃない)

 

それが、私がシンプルだって感じる一つ。

 

「国の中核目標」とう絶対的な通過点と達成目標。

決まっている明確な「枠組み」。

 

教育という分野で、

何が大切か、その本質がそのまんま届く。

 

自分の中にある「こうだ!」という、

一番核になる部分を確かめるような時間と場所。

 

それを、日本の教育や学校に被らせて、

自分のやることを考え始めてみると、

一気に自分の中が混乱し始めてしまう。

 

教育に流れているはずのゆるぎない軸のようなものが、

どこをたどってもわからない。

人の数だけ、場所の数だけばらばらしている気がして、

大事なはずの枠組みは、とてもあいまいで、

どこにそれがあるのかが、わからない。

 

多様性とか違っていいとか自由じゃんとか、

そういうことに、あてはめてはいけない部分。

違っちゃいけない部分が、

今日本の中でバラバラになってしまっている気がする。

 

この部分を、たくさんの人と対話したいんだけど、

うまく言葉にできない。

くぅ。

 

自分の中で見出し、確かめてきた教育の軸。

在り方、枠組み、通過点は、戻ってきても揺らぐことも薄まることもないので、自分の子育てには、混乱や迷いはなくなった。

親として自分がやることが、とてもシンプルになった。

 

もう、それだけやっていれば、いいかなって思う自分もいる。

 

自分の目の前のサイズなら、シンプルにやっていけるけど、

外に広げてみた瞬間に、混乱してくる。

 

自分が、日本で、

誰に向けて、何を表現していきたいのか。

何から、どんな方法で、自分がやっていくのか。

 

全部真っ白にして、混沌した自分にどっぷりダイブ中。

 

今回の視察。

本当に、すごかった。

学校が素晴らしいっていうのは、もちろんだけど。

 

2015年からオランダに行き続けて、

年々の変化や進化が嫌でも見えてしまうっていうのが、

今、一番堪えている。

 

半年あれば、1年あれば、4年あれば、

どれだけのことが変わっていけるのか。

 

最初にいった視察の情報、どんどん使えなくなってきてる。

 

空想論じゃなく、現実にあるんだもの。

 

同じ瞬間

同じように生きて

同じように何かにエネルギーを傾けている

 

でも「何に」エネルギー注いでるかで、

たどり着くところも、たどり着くスピードも違う。

 

・・・今の自分に言えることだな(笑)

 

さて。

引き続き。

やりながら、考えていこ。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生をアップデートしよう , 2019 All Rights Reserved.