さぁて卒業しようかな

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

もう、子連れ出張はいい。

一人で出張に行きたい。

現場に集中したい。

自分のパフォーマンスのことだけにエネルギーを使いたい。

 

ふつふつとそんな想いが増えてきた。

 

仕事ちゅう。

自分から、母親である自分が消えていく。

 

今までは、子どもと交流しながら仕事する。

それが心地よかった。

 

でも、今はそれが負担。

バランスが変わったんだなって思った。

 

そんな私を知ってか知らぬか、

次男坊までお泊りができるようになった。

長男は、自分の意思で、仕事に同行拒否するようになった。

 

子どもと一緒にいながら働く。

そんな時期が終わった。

 

日々の仕事もそのバランスになり、

一日の間、子供たちと過ごす時間の少ない事。

気を付けないと、母親だったことを忘れてしまいそう。

 

自分のスイッチが完璧に入れ替わったんだな。

仕事モードに。

 

私にとって、自分の子どもも自分以外の子どもも全く同じ。

どっちが大事とか、ない。

両方、同じように大事。

 

一気に外へ。

創りたいものへと自分のパワーを全部注げる。

 

意図にだけ生きられる。

私は、そう生きたいんだもん。

 

多分、もう止まらない。

そんな喜びをかみしめちゃう。

 

家族は大事。

同じだけ意図が大事。

 

それが、素直な私。

 

全部大丈夫なように、やれる準備は全部した。

 

私は私の人生に集中したい。

 

子どもたちの人生は、私の人生ではない。

人のことに時間を使っている余裕はない。

 

ご機嫌で、自分の思うがまま創っていったらいいし、

それに必要な素地は二人とも、全部創ってきた。

信頼関係も申し分ない。

子どもたちに心配することゼロ。

あなたたちは大丈夫(^^♪

 

これ以上、自分を止めることはしたくない。

 

だから、もう、遠慮なく。

動くことにします(^^♪

 

本来の自分の軽やかさで!

2017年は、好きなだけ自分を動かしていこう。

 

わくわくっ。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.