リアルに未来を描きながら、地に足つけて「今」を生きる。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

自分がどう生きて生きたいのか。
どんな未来を生きるのか。

未来をイメージして、
その景色をしっかり見て、
そこにある風や香りが感じられるくらい、
そこにいる自分の温度を感じられるくらい、
リアルにイメージすること。

未来をイメージするポイント。

だけど、
その未来に浸っていても意味が無く。

その体中で感じた未来そのまんま、
今という瞬間を生きる。

今目の前にある景色。
今自分の体温。
自分を撫でていく風。
聞こえてくる音。

リアルな未来を感じながら、
今を1歩ずつ、歩む。

あっという間に通り過ぎていく今という時間。

気がつけば思い巡らせて、
今を感じることを忘れ。

気がつけば流れていく、
たくさんの瞬間。

だからこそ。

何度と無く、立ち止まる。

立ち止まることで、
感じられることってたくさんあるから。

先を急がず、
歩き続けなくても、
進み続けなくても
急がなくても
いいんだと思うんだ。

今日も、美しい秋空だったな。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.