「子どもと自分の身を守る備えを考える」お話会~キーワードは「日常」~

2018/09/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

大阪北部を震源地とした、大きな地震がありました。
西日本で大雨による災害がおきました。
全国各地で、地震や大雨が続いています。
いつ、どこで、自分が何に居合わせるかわからない。

どれだけ予測が進んだ時代にいたとしても、
1つ先の未来は本当に何かわからない、
そんなことを生きるということなんだと
思っています。

今後、地震だけではなく、天災は続くと思われます。
不安にさせたいのではなく、
時代がそう流れていると感じているからです。

そんな中に行き行く、
私たちや子どもたちが、
知に足をついて生きていくために、
必要な考え方、準備、あり方を一緒につくる
お話会ができればと思っています。

こんな方にオススメです。

・先日からの地震や大雨の被害を受けて、不安を感じている
・いざという時に備えて、何から始めていいか分からない!
・自分なりに備えてみたけれど、不安が残る・・・
・地震など子どもが不安がっていてどうしたらいいか分からない

(内容)
・シェアタイム
→今回のことで、自分から浮かび上がってきている不安を自分の外側に出しておきましょう。
きちんと感じること、感じきることはとても大切です。

・自分と子どもの身を守るお話
①生きることに必要なことを考える
(備蓄について、ライフラインについて、生きることに大事なものをどう準備するか)
②子どもと一緒にいるときに、できる準備
③子どもと自分が離れ離れになっても、必ず会って生きていくために

<具体的な開催日>
9月24日(月・祝)10:00-11:30 
          21:00-22:30
9月28日(金)  10:00-11:30
10月15日(月) 10:00-11:30

参加費:1000円(事前振込みでお願いします)
定員:各回5名
受講場所:ご自宅でOKです。(お子さん同伴可能です。)
参加方法:ZOOMというオンラインシステムを使います。無料です。使い方がわからない方は、事前に設定方法をお伝えします。

お申し込みは、フォームからお願いします。

※今回のお話会をしようと思ったワケ※

私は防災の専門家ではありません。
でも、子どもが生まれてから9年余り、
子どもが自分で身を守れるために自分ができることを探究し、
実践を続けてきました。
そして、自然がスペシャリストのパートナーのおかげで、
自然やリスクについて、捉え方、実践をみながら、
そこにある「本質」を洞察し、掴んできました。

専門家がいわんとしていることを、
いかに専門じゃない人が、自然に当たり前にできるか。
常々、探究し、自分が得てきた始点です。

日常にできる身の丈にあった備えは、
大事な大事なものです。

誰でもできる。
自分でやれるようになる。

そんなヒントをお話しつつ、
みなさんが行動できるようにガイドしていきます^^
(コーチが本業なので、本職です^^)

★ニュース和歌山さんに記事があります。

★さらにしっかりと備えたい!
自分ひとりでは不安が残る・・
そんな方はこちらのプログラムがオススメです。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.