覚えている記憶が、すべてじゃない。

2018/01/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

ブログにお越しくださりありがとうございます。
自分らしい生き方実践家、木村祐理です♪

みなさん、昔はこうだった!!って信じている。
実はね。
でも、結構違うことが多いんです・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<2月末までのイベント情報>
◆1/28(日)@大阪府池田市内
10:00-16:00@
石川尚子さん出版記念イベント@「オランダ流コーチングがブレない「自分軸」を作る」

◆1/31日(水)@大阪府池田市内
10:00-12:00@お悩み解消グループコーチング体験会(満月の集い)

◆2/2(金)@大阪府池田市内
10:00-15:00@「オランダ式マルチダイアログメゾッド」プログラム

◆2/11-12(日・月祝)@大阪府池田市内 
10:00-18:00@ソースプログラム(わくわく発見編)

◆2/24(土)@大阪府池田市内
10:00-16:00@【1日体験講座】オランダ式コーチング実践プログラム~オランダの教員養成カリキュラム体験~

大阪池田市の素敵な場所で、開催します♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小さなころ、つらいしかなかったんです。
子どものころ、怒られてばっかりだったんです。
わくわくすること、なかったんです。

小さなころのこと、そうやって言われる方、たくさんいます。

でもね。
絶対、そう思っている記憶や思い出以外が、
ちゃーーーーーんとあるんです。

人は、そんなにたくさんのことを覚えていられません。
そして、全部覚えていたら、前に進めない。

だから、ちゃんと忘れていくようになっているんです。
時間と共に、
自分の中の引き出しに、しまわれていくんです。

その引き出しの数、どれだけあると思いますか?

めーーーっちゃあるんですよ!!
一日生きてるだけでも、
いろんな気持ちになったり、いろんな体験をしたりするでしょう。
盛りだくさんなくらい、あるんですよ。

でも。

そのほとんどは、いつもはしまわれちゃっているから、
「ないもの」みたいになってるんです。

自分がなかなか忘れられない出来事や、
自分の中で印象的だったものは、
何度も何度も思い出すから、
忘れられず、そして、引き出しにしまわれず。

そのうちに、それが、その時代のすべての記憶や思い出!みたいに、
なっていってしまうんです。

覚えている思い出や記憶と、
思い出せない思い出や記憶、
どっちが多いと思いますか?

圧倒的に、思い出せない思い出や記憶のほうなんですよ。

しんどかった昔。
つらかった時期。

あなたは忘れてしまったけれど、
自分が思っているよりも、たくさんたくさん喜びや、優しさを感じて、
笑いながら生きれていた時間が
たーーーーくさんあって。

誰も助けてくれなかった・・。
そんな思い出の時期だったとしても、
ちゃーんと、あなたを孤独にしないために
助けがあったはずで。

そのすべては、
ちゃーーんと自分が自分のために、
あなたの世界が、いつもいつも絶妙にサポートしてくれていて、
用意したものなんだってこと。

思い出す場を、
私は大切にしたいだなぁ。

みんな、あったんだよ。

そして、今も、自分と共に、全部あるんだよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.