「なんでさ、嫌なことばっかり覚えてるんやろうなー」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

「母!すごいこと発見したんだよ!!」

ある日の晩御飯タイム。
長男がつぶやいた。

私:「何発見したの?」
長男:「あのさ、毎日楽しいこといっぱいあるのに、すぐに忘れんねん。
でな、楽しいことは思い出せないのに、嫌なこと怖いことはいっぱい覚えてるねん。
不思議やろ。」

私:「へー。確かに、母もそうやわ!」

長男:「俺な、〇〇ちゃんとな、△△△くんにも聞いてみてん。
そしたらさ、みんなそうやなぁ!って言うねん。面白いやろ。」

私:「へー、そうなんやぁ。おもしろいなぁ」

長男:「面白いやろ!!」

私:「なんでさ、嫌なことばっかり覚えてるんやろうなー…」

長男:「それは、今の僕にはわからないわ。」

私:「そっかぁ。。。」

改めて考えた。
確かに、そう。
毎日、めっちゃ充実してるし、楽しいこといっぱいある。
あー楽しかった。
って思って寝たら、翌日には忘れてる笑

逆に、嫌なこと、怖かったことはは、
なんでなかなか自分から消えないんだろう。

その問いが自分に残って…
数日後。
ある人と対話したら。

色んな体験で、
自分で味わい尽くして、自分のものなったものは、
自分の一部になって消えていくのかな。

消えないもの。
それは、自分が向かうべき課題があったり、
自分の中で自分のものになっていないものがあるから、
消えないんじゃないだろうか。

消えないもの。
実は、そこに、自分が成長していく何かがあるから、
人は、未消化なものはちゃん持ち続けてるんじゃないだろうか。

時間がかかっても、
きちんと向かい続けたら、
ちゃん消えて、自分のものになる。

振り返れば、
私の人生の色んなこともそうった。

自分の中で消えないもの。
なんだか、大事にしたいって、
思ったな。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved.