長男と小学校、その後・・・。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

4月。

「地域の小学校へ行く!」と言って、

学び舎がお休みの木曜日に通うことにした長男。

 

わくわく

どきどき

そわそわ

 

しながら通っていたのは、5月の半ばごろまで!?

 

 

理科の授業受けたい

算数の授業受けたい

 

それが彼の動機だった。

 

友達から聞いた他の授業も参加してみたり、

給食を食べてみたり。

 

見て見たい事、やってみたいこと、知りたい事、

1つ1つやってみたらしい。

 

行くも、休むも、自分で決めたらよろしい。

行くも、休むも、自分で先生で連絡してね。

 

というスタンスの私。

 

そして、やりたいことが1つずつ達成されたのかな。

 

ある日。

言った一言。

 

「はは、小学校もういいわ。」

 

「そうなのね。どうして?」と聞いてみると・・・。

 

「見て見たい事、やってみたいこと、知りたい事、知れたからもういいわ。

僕は、今やりたい事一番目の学び舎がいい」

 

「そっか。またいつでも行きたいと思ったら、連絡してみたらいいんじゃない?先生に。」

 

「うん、そうするわ」

 

私にはわからない、長男の想い。

自分で思い描いたものが、達成されたのかな?

 

自分で選んで、決めて、やってみて、

それが全てだね。

 

地域の小学校の先生、お世話になりましたm(__)m

 

自分の人生を自分で創るリーダーシップが育つ場所

★さつきやま森の学び舎はこちら

HOME

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved.