【モニター募集】教育現場で授業に導入し、実践してくださる先生募集です。

2018/01/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

アクティブ・ラーニングの視点を踏まえた実践的指導力と、
教科等の一定の分野について学問的な幅広い知識や深い理解を強みを
実際に教育現場で提供していく

今、教育現場で、求められていることと、そこにある課題に、
オランダマルチダイアログメゾッドが、課題を解決するカギをもっていると、
私は確信しています。
(ワークショップは会場の都合上少人数で行っていますが、実際の対応人数は、何名でも可能です。)

>>オランダ式マルチダイアログメゾッドって何??

多重知性論(MI)と、
オランダの多重知性論を活用した教育モデル「VierKeerWijzer® 」を参考に、
コーチング&ソースプログラムのトレーナーである木村祐理が開発したメゾットです。

個人の天才性を開花するとともに、
自己肯定感、探究心を自然と育み、
学びの本質を自分で掴むことをデザインした、
プログラムです。

詳しくは、プログラムページをご覧ください。

実際の教育現場で、
実際の教育指導要領に基づいて、
オランダマルチダイアログメゾッドの教育手法を導入し、
授業を実践してくださる方を募集します。

オランダマルチダイアログメゾッドが対応している教科は、
副教科やシチズンシップ教育、総合学習などが対応可能です。

現在、ある学校の先生から依頼を受け、
実際に授業導入に向けて、準備といくつかの質問カードを提供しています。
(中学生と高校生対象のものです。)

(テーマの例)
・服と労働問題のつながりは?
・非常事態に、大事にすることとは何か?(防災)

 

>>モニター募集に至ったワケ

今、関西にある学校の先生と、
質問カードと授業つくりを行っています。

このプロジェクトがスタートして数か月がたち、
学校の中で実際に使える可能性が見えてきました。

ぜひ、興味を持ち、やってみよう!と勇気をもって、
挑戦してくださる方に、使っていっていただきたい。
そう願っています。

同時に、先生と一緒に質問カードを完成させ、導入の準備をしていく、
(実践的な指導や、実践するにあたっての大事な姿勢、質問というものの意味などを、
一緒に考え、先生が実践できるようにサポートさせていただいています。)
このプロセスが何よりも、現場の課題を解決する入口になっているように思ったのです。

そんな方に、ぜひ問いのカードを味方に、実践していただければと思っています。

 

>>モニター募集の詳細
モニター内容:ご自身の授業の中で、定期的にオランダマルチダイアログメゾッドを導入して実践してくださる方

モニター募集人数:2名
対象:学校の先生
(小学校高学年~大学4年生までの現場に入っておられる方)
※学校以外の方で、ご希望の方は、あきらめずに、ご相談くださいね。
※日本以外の国で希望される方はも、遠慮なく、ご相談くださいね。

期間:2018年4月~2019年3月の1年間
提供するもの:質問カード、必要だけ作成します。
募集締め切り:2018年2月22日 22時

募集条件:※すべての条件を満たしてくださる方が対象になります。

①オランダマルチダイアログメゾッドのプログラムを実際に1度は体験したことがある方
②1年間、継続してご自身の教室の中で、実際にマルチダイアログメゾッドを導入し、
子どもたちに授業を実践してくださる方
③1年間で最低5回は実施していただける方
④毎回のアンケートに協力してくださる方
⑤問いのカードは、ご自身で創っていただきます。(必要な問いはデーターでお渡します。)
⑥導入した感想、レポートなどを発信してくださる方

木村祐理のサポート:以下のサポートを考えています。
①テーマをいただいて、問いを作成します。(例えば、「いじめについて」や「交通ルールを考える」など)
②実際に導入し進めるにあたって、必要な準備やサポート、お困りごとなどは共有していただければ全力でサポートします。
③月に1度、必ずミーティングを行い、サポートをします。(オンラインも可能です。)
④デモ授業として、授業に参加することが可能です。(別途費用がかかります。)
⑤モニターさんのグループで情報交換などが行えるような、サポートシステムを準備します。

 

>>2020年に向けての夢
私には、
「2020年春、
(仮)「個性という才能を伸ばし、自立と共生ができる人を育てるスクール」をオープンする。」
という夢があります。

コーチングとピースフルプログラムがベースにある環境、
MIをベースにした教育プログラム@オランダマルチダイアログメゾッド(手法)、
ピースフルプログラム(コーチング)が生き方として実践できる大人
自分の能力を生かし、お互いを生かしあい、自発的な集団としての組織
それが、スタートできる体力(3年間しっかり働いて、運営資金力をもつ)

がそろった環境をつくる!と決めました。

同時に、オランダでは公教育の中で当たり前に導入されている手法ですが、
日本で、導入されているわけではありません。

アクティブ・ラーニングの視点を踏まえた実践的指導力と、
教科等の一定の分野について学問的な幅広い知識や深い理解を強みを
実際に教育として提供していく

オランダマルチダイアログメゾッドとともに、
上記が、実際にいける!やれる!できた!に変わるには、
私一人では、かなわないのです。(私は教員ではないからです。)
ぜひ、現場にいらっしゃるみなさんと一緒に、子どもたちの未来に何か
いい風がふいていけばと願っています。

色んな理由で先生という職業を選ぶのだとは思いますが、
多くの先生の中に、とても強く深いある志に出会います。

そこには、深く大きな、人を育てるという器のようなものを感じ、
心が震えます。

その志を一緒にもちながら、一緒に1年間やってみましょう。

ご興味がある方は、以下の流れでお申し込みください。
詳細をご説明することも可能です。

①下記フォームからご連絡ください。
②必要項目を記載してください。
・「モニター申し込み」
・名前(ふりがな)
・お住まいの都道府県(海外の場合は、お国を聞かせください。)
・職業
・導入したいと思っている場所は、どちらですか?
・なぜモニター募集に応募しましたか?

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

Comment

  1. […] 詳しくは、モニター募集の記事をご覧ください。 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.