また1つ何かが結晶化したみたい

2016/06/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

オランダにいったのは9月。

もうだいぶ前のような気がするけれど、
あの日、あの時、体験したことは、
私の中で生き続けていて、この数か月ずーっと自分に在る。

 

帰国して、報告会をしながら園のいろんなことを改善して、
2015年度を締めくくり。
2016年度の準備を進めながら、ずーっと自分の中でしっくりくるものが出てこなくて、
動かせなかったことがあった。

考えようとしても、考える気にもならない。
自分から何も湧き出てこない。
リミットは迫る。
でも、そんな状態で形にしようとしても、意味がないことは知っている。

だ・か・ら。
ゆの里にリトリートに行きがてら、
自分の色んなスイッチを全部オフにして。
自分の器を、ただただ喜びで満たし。
これが、自分の世界なんだよ。
そう自覚して、帰ってきて。

今日。
何かが結びつくように形が出来上がり、
あっという間に、完成。
出来上がってみたものを、あららめてみたら、
そして、それはオランダで見せてもらったものでもあり。

探究しつくして、出てきたものが、こうなるんだなぁ。。
形だけを導入することって、私にはできなくて。
いつも、こうやって探究してみて、質から出てきたものが
同じ形なのであれば、採用する。

とっても、大事にしている感覚。
何気なく、スタッフに配布していたファイルだったけど。
ただのファイルではなかったんだなぁ~
オランダイズム。

また1つ、私たちの場をサポートしてくれそうです(^^)

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.