子は離れていくのです。

2016/06/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

1月16日、17日の石川さんとの講座。
2日間、集中して取り組みたいのと、
子どもたちをあちこちを預けるのは微妙だなぁと思って、
実家に子どもだけでお泊りに行かせた。

長男は、慣れっこだけど。
次男は、母無しお泊りは初。

大丈夫かなぁ・・・と心配はあったけど、
実家の母にも「泣いても送ってこないでね」と念押しして、
預けておきました。

さてさて次男坊。
結果は、ご機嫌で過ごした2日間。
私が17日帰宅した時には、すでに布団で爆睡。
翌日の朝、どうかなぁ?と声をかけたら。

今日は、ようちえん?行く行く!!とご機嫌。
母はようちえん行かないの?と確認されて、
行かないよ!と答えたら。

わかったぁ~!と普通に登園していきました(笑)

極めつけに、その夜行ったひと言。

「明日、またばぁばのお家にお泊り行ってくるわ!!」
ですって!!

すっかり、満喫してきたんだなぁ&すっかり自信になったんだなぁ(^^)

木村家恒例。
コミュニケーションで準備しただけ。

1週間前からカウントダウンしながら、お話して状況を伝え。
自分で理解したうえで、何を準備しておきたいかを話し合い。

にぃにがいれば大丈夫だよ。
という言葉で前日までいったけど。

当日の朝に。
やっぱりコアラさん連れて行く・・・と言ったので、
1時間ほどテディーベア方式で私のにおいをコアラにつけて、
送り出しました。

次男、3歳。
長男に比べて、びびりぃーですが。
長男がいると、いろんな挑戦ができるようになってきたんだぁ。

信じて送り出すのって大事。
そして、しっかりコミュニケーションしておけたら、
子どもは自分で心の準備ができるもの。

あらためて、感じた出来事でした。

おかげさまで、家族全員が充実した時間を過ごせて嬉しかった!!

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.