オフィスやってみよう 木村祐理のオフィシャルサイト

子ども×ソーシャルディスタンス~体験しながら理解する~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。
Pocket

ソーシャルディスタンスって知っていますか?

社会的距離、人との間の距離を取ること、です。

1.5メートルから、2メートルの距離を取ることなんですが、

これ、みなさんつかめますか?

海外では、かなり徹底されているところが多いのに、不思議なくらい日本では守られない・・・涙

人との距離感、何か日本の文化と関係でもしているんでしょうか?

それとも、ただの意識の差なのかな・・本当にわからない。

 

そんなことは、おいておいて。

子ども達とソーシャルディスタンスについて、ミーティングをしました。

3月の頭から、学校は休校、個人的に自粛をはじめているの我が家。

子どもたちも、

・1日1回の運動タイム

・用事があるとき

しか、外出しません。(しかも市内のみの行動範囲)

こちらがどれくらい、人の少ないタイミングを狙ったとしても、

やっぱり一歩外に出れば、人と出会う確率は高いんですよね。

そして、ソーシャルディスタンスの意識も根付いていない。

・・・・・どれくらいでしょうか?(苦笑)

日本の指示の仕方は、わかりにくいんだと思うんです。

で、何をやればいいの、何をしてはいけないの?

 

そんなこんなで、我が家でやったミーティング。

ソーシャルディスタンスについて話はしていたので、知っていました。

ただ、それがどれくらいの距離かは、わかっていなかったんですね^^;

実際に、家の中で体験してみよう!というのが、いつも大事にしている視点です^^

用意するもの:メジャー、防音マット(←これは何でもいいと思う)

次男が7歳@2年生なので、わかりやすいように、

防音マットの上で2メートルを図り、防音マットの数を調べてみました。

「200」の数字を探す次男。

今回は、短時間でぱぱっとやってしまったのですが、

プロセスを丁寧にすれば、ホームスクーリングのプログラムになりますよ^^

これは、別の記事にまとめてみようかな!

 

2メートルの長さと、マットの数がわかったら!

次は、それを、体験してみます^^

場所を玄関に移して、マットをならべてみました!

入り口から、どれくらい離れているかな?

 

実際に離れてみると

 

遠い!

 

 

実際は、みんなとまっているわけじゃないよね~

だから、動きながらやってみるのだ!

 

人が近づいてきたら、どうする?

きゃ~~~~~(笑)

 

前後だけじゃないよね、横もある。

 

きゃ~~~~(笑)

 

 

色んなことをイメージしながら、遊びつつ体験しました!

 

 

玄関には、2メートルの距離でテープを張って、視覚意識。

入り口と、2メートル離れた位置。

もう1か所は、部屋の中にも作りました。

 

1回聞いてわかるなら、苦労しないよね^^;

何回も意識して、行動して、そのうち体感ができてくる。

それまでは、トレーニング必要ですな。

 

このトレーニングをやりながら、

昔馬のプログラムを子どもたちをする際に、

「逃げる」練習をしたことを思い出しました。

 

色んなことに応用できそうだな。

そして、何事も楽しくやれたらいいよね♪

 

大人のみなさんは、こちらを使うのも1つだと思います!

クリエイティブ集団「PARTY」が創った、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として必要な2mのソーシャルディスタンス(社会的距離)を測ることができるAR定規「Keep Distance Ruler」のWeb版です!

 

みなさんの才能すごいですよね~~!!!

 

ちなみに、スポーツ中の距離は1.5メートルでは不十分だということが出てきています。

ランニングなどされる場合は、ご注意くださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生をアップデートしよう , 2020 All Rights Reserved.