「子どもの幸福度が高い国」オランダ、その教育とは?

2019/08/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

子どもの幸福度が高い国として、オランダが有名です。
その中でも、オランダの教育はすばらしい!と、
近年日本で紹介されるようになりました。

オランダの教育が「なぜ」すばらしいといわれているのか
オランダの教育はどんな特徴があるのか

私がオランダに出会ったのは2015年9月。
その出会いに衝撃を受け、2017年に2回視察に行きました。
(現在は、視察ツアーでみなさんと一緒に視察を行っています。)

実際に、定期的なオランダの教育現場へ視察に行き、
小・中・高・大学の視察や、オランダの先生、オランダのコーチとの出会いから、
オランダの教育について、まとめていきます。

教育の自由が認められている国

オランダでは憲法で、教育の3つの自由が保障されている。

①設立の自由・・・200人の子ども、教職員と役員を集めることができれば、誰でも学校を作ることができる。
②理念の自由・・・どんな理念に基づいても構わない。
③教育方法の自由・・・どんな教育手法、教材を用いても構わない。自由に選択することができる

※憲法23条の中で保障されている
※公立、私立も国の補助は同じである。
※保護者と子どもで行きたい学校を自由に選ぶことができる。
(大きな都市では、抽選の場合もある。)

子どもたちは4歳になると、親と一緒に学校へ行きます。
いくつかの学校に見学へ行き、行きたい学校を選びます。
日本のように、校区はありません。
希望が決まったら、親と一緒に学校へ入学希望の手続きを行います。

入学後、万が一合わない場合などは、
学校とミーティングなどを行い、転校することも可能です。

学校と教育の多様性

教育の多様性が認められているため、学校ごとに「教育理念」が違います。
また、その理念を実践するために、どのような「教育手法」で実践するかも、
学校が決めることが可能です。

そのため、学校ごとに特徴や個性が異なるのです。

・シュタイナー教育
・モンテッソーリ教育
・フレネ教育
・ダルトン教育
・イエナプラン
・多重知性理論
・スティーブンジョブス教育
・テーマ学習教育
・キリスト教系教育
・イスラム教系教育

等など。

公立私立関係なく、学校が主体的に教育手法を決めています。

最初はイエナプランだったけれど、新しい教育手法が出てきたので導入し、
今は新しい手法になっている!というような学校もあります。

時代に合わせて、学校が進化していく。
オランダの1つの特徴かもしれません。

※どんな理念、教育手法で教育を行っても構わないが、
実践されているかどうか、国から定期的にチェックが行われる。
理念が実践されていない、学力の指導が出来ていないなど、
学校として求められるものが実施されていない場合、
勧告後、改善されない場合は学校として認められなくなる。

オランダ教育の特徴

●学校を自由に選ぶことができる
4歳の誕生日が来ると、子どもと親で学校を選び、入学する
※人気がある学校や都市部の学校は、抽選になる場合もある。

●義務教育期間の学費は無料である。
※オランダの学校(公立と私立)であればどの学校でも無料です。
インターナショナルスクールは、オランダの学校ではないため、学費が必要になります。

●オランダの学校(公立・私立)は、オランダ語で授業が行われる。

●卒業証書は、どの学校でも価値は同じである。
卒業資格は、全国共通の統一試験に合格すると与えられる。卒業試験の合格が進学資格となる。

●進学する際の入試はない。

●中等教育に進む際の進路(何年生のコースに進むかどうかは、「学校の先生」が決める。
12歳の時に、考え、選択し、決める。

●身の丈にあった歩み、育ちを支援している
子どもの「できた!」を大切にしている。
「身の丈にあった」という言葉は、このことから来ている。
子どもが「できた」を積み重ねていけるように、学習やアクティビティーを進めている。
そのため「自己肯定感」が育まれている。
大人が子どもを「できるようにさせる」のではない。
子どもが自分でできた!を積み重ねられるように、
先生が子どもの特性や資質、様子をしっかり洞察し、サポートやリードをしている。
子どもたちは、誰かと比較したり、必要以上に自分を大きくも小さくもする必要がない。
自分のペース、自分のサイズで大きくなることが許されている、応援されている場所が、オランダの学校である。

●落第や留年がある。
小学校から、学力が未達の場合は落第や留年がある。
それは、特別なことではない。
これから存在するのに「自己肯定感が下がらない」「失敗しても、やり直しができる社会・環境」がある。

●学校によって、ルールも違う。
チャイムがなる学校もあれば、ならない学校もある。
時間割が決められている学校もあれば、子どもたちが決める学校もある。
一斉授業が行われる学校もあれば、ミーティングやプロジェクト活動主体の学校もある。
使用する教材も、学校によって異なる。
学校によって運営スタイルやルールも異なっている。

「オランダは学校の数だけ、学校のスタイルがある」

オランダの教育基盤にあるもの

初等教育は、人間性の基盤・自己肯定感を育むことを実際に行われています。
中等教育になると、一気に学問に入ります。科目や勉強の量は、小学校とは異なります。

①自分で考えて、自分で選ぶスタイル
いくつかの選択肢の中から、1つ選ぶ。
このようなトレーニングが、入学と共に始まります。
自分で考えて選ぶ。
最初は少ない選択肢の中から選びますが、
学年があがることに、選択肢の数が変わります。
そして、最終学年なれば、自分の進路(将来やりたいこと、なりたいもの)などを選ぶという
自己決定力を育てています。

②自分の行動を省察する
「なぜ、その方法を選んだのか?」
計算問題を解いて、間違えた際に促される質問です。
自分がやったことを、自分で振り返り検証し、次どうするかを考えていく。
このような行動と省察が、当たり前のように行われています。

③教員養成カリキュラムに「コーチング」の理念と手法が存在している
教員養成大学でのカリキュラムが、コーチング実践型のカリキュラムになります。
コーチングを体験し、自らが実践しながら、
教員としての在り方・技術・必要な力を身につけていきます。
そのようなプロセスを経てなる教員のみなさんは、コーチのように自然にコーチングができます。
先生がコーチのように「自己肯定感を育む関わり」「可能性を引き出す質問」「主体性を伸ばす実践」を行っているのが、
オランダの先生になります。

④教育ツール・環境すべての基盤にコーチングが根付いている。
教室の掲示物、先生たちが使う教育ツール。
「自己肯定感を育む工夫」「可能性を引き出すデザイン」「主体性を伸ばす工夫」のもと、
創り上げられています。
そのため、先生の力量だけに依存することなく、教室作りや授業を進めることが可能です。
ツールや環境をもが、サポートになっている。
教育ツール・環境のすべての基盤にコーチングが根付いています。

  

④手法・理念が違えど変わらない人材育成
初等教育の際、様々なルール、様々な教育手法で過ごした子どもたちが、
中等教育にあがるとどうなるのでしょうか?
それぞれのやり方、ルールなどを主張するのでしょうか?
そのようなことは、一切ないそうです。

「これだけ違う教育を受けてきた子どもたちが、
1つの場所にそろったら、特徴が出たり、ルールに馴染めない子が出たり、
することはありませんか?」

視察の際に、ある中学校の校長先生に、このようなご質問しました。
答えは・・・

「どこの学校出身の子かどうか、まったくわからない。
シュタイナーであれ、ダルトンであれ、どの学校から来た子かどうかなど、
わからないですよ。」

※コーチングとは、人間理解に基づいて、人の力を引き出すコミュニケーション。
本人が自分で考えて、自分で行動し、自分が望む結果を手に入れていくことをコミュニケーションを通じて行う分野。

オランダの教育制度

オランダの義務教育は、4歳から18歳までになります。

初等教育の「basisschool」と、中等教育の「voortgezet onderwijs」に、分かれています。

初等教育「basisschool」は、4歳から12歳までです。
グループ1からグループ8まであります。

子どもたちは、月曜日から金曜日まで通います。
水曜日は半日授業だそうです。

グループ8のときに、全国統一テストで自分のレベルをはかり、最適な場所へ進学します。
進学先は、本人や保護者の意見も聞きながら、小学校での様子、本人の個性、能力、性質を踏まえて、
先生が最終的に決めていきます。

※初等教育最終学年に、中等教育の進路は決められるが、
実際に入学した後、コースを変える等の転校、編入は可能です。

中等教育は「voortgezet onderwijs」と呼ばれています。
進路は3つに分かれています。VMBO、HAVO、VWOです。

●VMBO中等教育(4年コース)
「Voorbereidend middelbaar beroepsonderwijs」、VMBOと呼ばれています。
12歳から16歳までの教育です

言語、数学、歴史、芸術と科学の理論的な教育が行われます。
そして職業訓練をも兼ね備えた授業になります。

●HAVO中等教育(5年コース)
「hoger algemeen voortgezet onderwijs」、HAVOと呼ばれています。
12歳から17歳までの教育です。

授業は、医師、弁護士、教師などの専門的な教育や、
大学進学へ向けての専門的な教育を目指して行われいる場所です。

●VWO中等教育(6年コース)
「voorbereidend wetenschappelijk onderwijs」は、VWOとよばれています。
12歳から18歳までの教育です。

VWOでの授業は大学進学までの準備期間となります。
科目数は、かなりの数になります。
基本的なカリキュラムを構成する15科目を、最初の2年間で学びます。
その後、ドイツ語、フランス語、英語を勉強もあります。
4年生からは、必修と選択科目の両方を大学準備として行います。
より専門的な勉強が行われます。

●2歳半~4歳(就学前クラス)
小学校に、週に2日か3日、時間は半日登校し、先生と過ごすクラスです。
この年齢の子どもたちの心や発達に即したプログラムが実施されています。
子どもだけで通学するクラスです。
プレスクールは、小学校と連携されています。
小学校内で行われており、初等教育にスムーズに移行できるように、実施されています。
(義務教育ではありません)

★就学前クラスの様子
 

★初等教育の様子

 

★中等教育の様子

 

まとめ

ご覧いただいたように、オランダと日本とは、システムが異なります。
憲法で自由が認められている国ですからね・・。
国が認めていることが違う以上、日本で同じようにはできません。

しかし、オランダも昔から教育環境がよかったわけでも、
子どもの幸福度が高かったわけでもないのです。

15年ほど前から、あらゆる挑戦や改革を行ってきたからこその今なのです。

「子どもの幸福度」
日本でも高めていくことができるはずです。

オランダが実践していること、
たくさんのヒントがあるはずです。

そのヒントをしっかりいただいて、
日本の場所でも、「子どもの幸福度」が高くなるように、
実践していくことができれば最高ですよね。

<ご参考>
※子どもの幸福度について
国連児童基金(ユニセフ)が発行する報告書『先進国における子どもの幸福度』(Innocenti Report Card 11)を発表。『子どもの幸福度』を、「物質的豊かさ」「健康と安全」「教育」「日常生活上のリスク」「住居と環境」の5分野で測定した結果、2013年度、総合でオランダは1位。日本は31か国中、それぞれ21位、16位、1位、1位、10位、総合では6位となった。日本もトップクラスだったが、項目によるばらつきと差が大きいことが問題とされた。毎年発表さえれています。

【ご興味があれば、こちらの記事もご覧くださいね】
オランダと日本の教育、どんな違いがあるのでしょうか?

【オンラインで開催@教育現場シェア会】

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.