子どもの会話

2016/07/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

ちゃんとしたルールでUNOがしたい長男と、
ただ一緒にしたいだけの、ルール知らず次男(笑)

13043672_1055007804547490_4223934758868761644_n.jpg

 

UNOどころではなく、
好き放題の次男に長男がイライラ!!
もーダメダメ!!
違う違う!!
やめて!!

そんな言葉だらけの長男に、こっちがイライラするわ~(^^;)
もー、次男がおったらできへん!!
っていった長男に。

あのさー。
前に、〇〇こた(ご近所の大好きなおにーちゃん)が来たとき、
次男と一緒の歳の妹ちゃんと、
みんなで一緒にUNOしてたやん。
そのとき、〇〇こた、あかん!!とか違う!!って言ってたっけ??
どうやったら、次男はわかってくれるか。
どうやったら一緒に楽しくできるか、考えてみたら??

それだけ言ったら、
スイッチはいったらしく、
次男ができるように、自分がゲームできるように画策して。
無事に、UNOがはじまりましたとさ。
ちゃんちゃん。

VIVA ご近所のおにーさまっ(^^♪

そして・・・。
あっという間に、物事を建設的に進めていける子どもに、
うらやましさを感じるのです・・・。

子どもの意図って、シンプルなんだよなぁ。
それも、うらやましいトコロ!!

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.