子どもに何を渡したいのか

2016/06/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

オランダにいって、もらった宿題。

「子どもに何を渡したいのか。常に自分に問い続けながら、渡したい行言動を行っている」
オランダの先生とディスカッションをして、一番心に残ったこと。

自分にどんなことがあっても。

いつも、ここに戻ってくる。

オランダの報告会をする一番の理由は、
これを一人でも多くの大人と共有し。
この視点をもって、生きる人を増やしたいから。

もう一つは。
報告会をすることで、
自分が、この時に気持ちを思い出し続ける必要があるから。

オランダから帰ってきて。
自分の息子たちに言われた「置いて帰るで~」という言葉にショックを受けた私。

自分が渡したもの。
こういうことなのか。
って。

数か月たって。
その間問い続けて、問い続けて。

やっと、自分の中で「置いて帰る」を終わらせる、
適切なコミュニケーションにたどり着いた。

ここには書かないけれど。

やっぱり、コミュニケーションはシンプルなんだ!!

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.