木村家のレゴがお風呂に入ったワケ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

レゴをお持ちのみなさん。

レゴ、お風呂に入れたことありますか??

 

ま・さ・か

レゴがお風呂に入る日がくるなんて(笑)

 

しかも、誰がレゴをお風呂にいれたかって!?

・・・・・私です(^^;)

いれた瞬間に、めっちゃ後悔したけれど。

 

先日の話。

木村家のレゴが、お風呂に入りました(笑)

 

なぜ、レゴがお風呂に入ったのか!?

多分、みんな色んな妄想をしたんだと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑これを見て(笑)

 

ある日の晩ごはんの時。

タロさんが作った「キムチ炒め」。

そのお皿を持って、テーブルに運んでいたのは長男。

 

何を思ったのか。

お皿を揺らして、運んだ模様・・・(次男の目撃証言による)

 

お皿のあらゆるものが、ふっとび!!!

 

その入った先が、まさかまさかのレゴの箱!!!!!

 

レゴの箱に、

いろんな野菜やキムチソースと大量のレゴが入っている

・・・カオス!!!(笑)

 

と、いうことで。

レゴの箱を持って、お風呂場に行き。

ぜーんぶ残りに湯に入れてやったわ!!!

 

あーすっきりした(笑)

っていういきさつがあったんです。

 

実は、長男晩ごはんのお皿、おこぼし事件。

遊びながら運んだってことで、

ものすごーくイライラした自分がいて。

 

かみなりどっかーん!!

って落としそうになる自分を、

ぐっと我慢したんです。

 

なぜって?

 

お皿の中身をぶちまいた時点で、

「あ、大変なことちやった」って長男の顔に書いてあって、

半泣き、なんべその顔。

 

やったことを問い詰めなくても、叱らなくても、

「やってしまったことは全部自分が一番わかっているから」

 

だからこそ。

ぐーっと飲みこんで。

 

ただ、後片付けをしながら落ち着いて。

一緒にご飯を食べたのでした。

 

ご飯を食べながら振り返り。

何が起きたのかは、ちゃんと一緒にみておきたいから。

 

長男:大事件が起きたね!!

 

私:そうだね。びっくりしたね。

 

長男:うん。

 

私:ところでさ、お皿の中身をこぼす前に、あなた、もう1つこぼしたよね。

 

長男:あ、そうだった!

※実は、大きな皿をこぼす前に、遊びで投げたボールがスープのお椀にあたって、スープをこぼしていました。

 

私:ねぇ、「こぼす」ってことが、2回続いて起きたよね。

 

長男:そうだね。2回こぼした。

 

私:同じことが2回続くってこと、どういうことだと思う?

 

長男:わからない。

 

私:1回目は、どれくらいこぼれた?

 

長男:ちょっとだけこぼれた。

 

私:どうしたらおわった?

 

長男:ふいたら終わった。

 

私:そうだよね。2回目は?

 

長男:半分こぼれた。

 

私:そうね。そして、どこまでのことになった?

 

長男:じゅうたんにこぼれて、レゴが全部お風呂に入ってる。

 

私:そうだよね。やること増えていない?

 

長男:そうだと思う。

 

私:スープがこぼれたのは、嬉しい出来事だった?

 

長男:違う。嫌なことだった。

 

私:そうね。1回そういうとき。自分が思ってもみない、特に自分があれ?って思うことが起きた時、

ちゃんと何か「ヒント」があるはずなんだよ。そこに気がつくこと。

それに気がつけば、同じことは続いて起きないの。それに気がつかずにそのまま進むと、

次は同じことが、成長して大きくなって起こるの。言っていること、わかる?

 

長男:今日の1つの大事件みたいってこと?

 

私:そう。起きたことは、起きたこと。そして、その時に感じる小さな「あれ?」を大事にすること。

それが、身を守り、自分を素敵なイメージに戻すの。わかる?

 

長男:わかった。

 

そんな話をして、1区切り。

長男に言ったことは、私が聞くべきこと。

 

言いながら、私は私で思い当たることが・・・。

この話は、また続きにて♪

 

そして、現在のレゴ(笑)

母は、洗ってあげるのをやって、もう嫌になったから、

干すのはやらない!!

そう言ったら、長男とタロさんで干したみたい。

面白いっ!!

でも。

めっちゃ邪魔!!!!(笑)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved.