防災、備え・・キーワードは「日常」。

2018/09/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

8月21日@和歌山にて。

まんまプレイスさん主催で、
「災害から子どもと自分の身を守る”お母さんのためのお話会」に
呼んで頂きました。

不安になるような情報がたくさんある中で
私たちが。子どもたちが。親子で。
地に足をつけて生きていくために。
必要な考え方・準備・心もち(あり方)を一緒につくっていけたらと考えています。

という気持ちに賛同し、
ご一緒させていただきました。

私は防災の専門家ではありません。

でも、子どもが生まれてから9年余り、
子どもが自分で身を守れるために自分ができることを探究し、
実践を続けてきました。
そして、自然がスペシャリストのパートナーのおかげで、
自然やリスクについて、捉え方、実践をみながら、
そこにある「本質」を洞察し、掴んできました。

専門家がいわんとしていることを、
いかに専門じゃない人が、自然に当たり前にできるか。
常々、探究し、自分が得てきた視点です。

日常から生活とともにできる
身の丈にあった備え。

特別な何かではなく、
日常の暮らしにある備え、
そこから広がっていく自分と子供と家族にあった備え。

実践と体験を交えて、シェアさせていただきました。

避難グッズはどの程度まで準備すればいい?
もしも子どもと離れている時に地震が起きたら?
どのタイミングで避難所に行ったらいいの?

自分の外側にある情報を元に、
いかに、自分の暮らしにあった備えをデザインできるか。

そんな入り口になっていれば嬉しいです。

当日の様子を、
ニュース和歌山さんが取材してくださいました。
素敵にまとめてくださって、嬉しいです。

ニュース和歌山さんの記事です。

身の丈にあった備えを、ぜひ^^

※地震や災害の影響で、不安がある方。
「備え」について、まずは話を聴いてみたい方。
こちらのオンラインお話会をどうぞ!

※備えに不安がある!この機会に「身の丈にあった備え」をちゃんと整えて安心したい!
そんな方は、こちらの連続講座にお越しくださいね。
よくわからない不安も、無駄な出費もさようならしましょう。
詳細は、こちら

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.