継承

2016/06/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

救世主…
鍼灸の出張診療日が今日でよかった(^^)
今日もありがとうございました!

我が家の
第一主治医は、私(初期対応と経過を見てお手当)
第二主治医は、鍼灸師の新蔵さん。
第三主治医は、小児科の先生です。

我が家の症状のほとんどが、
新蔵さんラインで終わっていきます。

それぞれのラインで、ガイドラインを持っています。
一番最初のラインは、私が判断しますが、
「自分の範囲」を越えたら、ちゃっちゃと専門家にお願いします。

自分にできること、自分が判断できること。
自分にできないこと、自分が判断してはいけないこと

があるんです。

でも。
こういう探究を重ね、日々を重ねていると。
自己治癒力をサポートする範囲の治療で、
回復していくんですよね。

こういうサポートが「当たり前」の習慣。
親から子への継承の1つです。

子どもに、何を伝えたいのか。
こういうことも、わたしにとっては大切なことです。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.